バレンタインに手紙は重い?20代の彼氏が嬉しいと思う内容とは

今回はバレンタインで20代の彼氏に手紙を贈る場合、どんな手紙を贈ると重たいと思われてしまうのか、嬉しいと思う内容はどんなものか?などお話していこうと思います。

 

バレンタインは大切な彼に自分の想いを伝える日ですね。

それをチョコという形で伝えたり、今回のテーマのように手紙を添えて伝えたり…色々方法があります。

その中でも「手紙」というのはストレートに自分の想いを伝える有効な手段となりますよね。

 

だからこそ、どう思われるのかが不安になる方も少なくないはず。

以下では、手紙を贈ることそのものについてや彼氏に何を伝えるとどう思われてしまうのか、逆にどのように伝えれば良いのかをご提案していきますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

バレンタインで手紙を贈る!そもそも手紙そのものは重い?嬉しい?

大好きな彼氏だからこそ手紙で想いを伝えたいけれど、一方で「重い」と思われないかと少なからず不安になりますよね。

しかし実際のところ、手紙そのもので「重い」と思われることは少ないと思います。

恋人同士であるならば、愛情を示してもらえるのですから当然嬉しいですよ。

 

ただし。

手紙の内容によっては「嬉しい」と思われることもあれば「重いな」と思われることもあります。

以下で実際にどんな内容だと重いと思われるのか、逆にどんな内容であればそう感じないのかをご説明していきますね。




バレンタインで20代の彼氏に手紙を贈る!重い内容と嬉しい内容とは?

20代の男性といっても幅広いですよね。

学生、新卒、入社数年目、はたまた転職活動中、なんて場合もあるでしょう。

色んな状況があると思いますが、全てに言えるのは「相手を思いやった上で、自分の想いを伝えること」が一番のポイントです。

なので、その逆をすると「重い」などとマイナスの受け取り方をされてしまう恐れがあるんです。

 

スポンサーリンク

彼氏の状況や気持ちを考えて手紙を書こう!例えば「結婚」の話を書くとどうなる?

贈る女性としては、付き合っている彼とのことで思うことが色々出てくると思います。

それをそのまま何も考えずバレンタインに書くのは…一度ストップです!

 

例を挙げるとすると、たとえば「結婚」について。

女性としては20代ですから結婚を意識する方も少なくないはず。

一方で彼氏はというと、結婚という意識がないのか一向にプロポーズの言葉がなく、女性の中には不満や焦りがある、とします。

そこでもし、バレンタインの手紙で結婚をほのめかすことを伝えたら、相手の男性はどのように思うでしょうか。

 

「結婚」という話になると、男性としては責任や重圧を感じる方が多いのではないでしょうか。

例えば学生ならまだ働いていない状況ですし、新卒の彼氏ならばこれから仕事を頑張る状況ですよね。

そんな彼らに責任・重圧を感じさせる「結婚」の話を持ち出せば「重い」と思われても仕方ありませんよね。

 

学生や新卒の場合は明らかに難があることは理解しやすいと思いますが、もし彼氏が27歳の時期に結婚の話を持ち出したらどうなるでしょうか。

大卒の方であれば仕事を始めて5年目の時期になりますが、この時期というのは仕事が落ち着いて、会社や周り、先のことが見えてくる頃。

そして、転職する方がとても多い時期なんですね。

 

将来を見据えた時に、昇給・ボーナス・退職金などの収入面から不満や不安を感じる方がでてきたり。

友人との収入差・待遇差が気になる場合もあります。

その他、仕事のやりがいという面で、他の仕事に目を向ける方もいます。

更には、自分の伸びしろを考えて、もっと自分に向いた仕事はないかと考える方もいます。

ましてや転職するなら20代のうちに…と考える方も多いはずです。

 

これらのように、色々考えて動き出す方が多くなる時期なので、この時に結婚の話を出されてしまうと受け止めきれない彼氏もいるかもしれません。

もし転職しようとか資格をとろうなどと動き出しているようであれば、結婚の話は手紙に書かず、日ごろの感謝の気持ち頑張る彼氏への応援の言葉、そして自分の想い(愛情)を書いてあげると、嬉しいはずです。

結婚の話は時期をみた方がいいですね。

もちろん、もし彼氏の状況や気持ちを考えて、結婚の話を持ち出しても大丈夫そうと思うなら書いても良いと思います。

 

「結婚」の話以外でも気を付けて!

上記では「結婚」を例にあげましたが、「マイホーム」や「子ども」も男性としては責任・重圧を感じますので注意です。

そして、これらのような明らかな言葉でなくても、彼が結婚など将来のことを考えていない段階で「何年も一緒にいよう」などと将来を約束するような事を伝えるのも、できるだけ避けた方が良いでしょう。

将来の自分を束縛されるような、そんな気分になってしまうかもしれません。

 

普段の会話から、彼氏が将来のことを考えているのかどうかを察知してみてくださいね。

もし、まだ将来のことを考えていないようであれば、考えてもらえるように自分磨きをしてみるのが一つかと思います。

そしてバレンタインの手紙には将来のことは触れず、彼への日ごろの感謝の気持ちや、彼を思いやる気持ち、そして彼を想う気持ちを書いてみてください。

このように彼を大事にした手紙を書くことも、自分磨きの一環かと思います。

それに、これらを書かれて嬉しくない人は中々いないと思いますよ。

 

また上記以外にしても、まずは彼氏状況や気持ちを考えて手紙を書くのが一番です。

仕事はもちろん、家族や趣味など、彼にはいろんな状況があり、気持ちがあります。

そんな彼自身のことを思いやった上で自分の想いを手紙に書くと、彼は「重い」どころか「嬉しい」と感じますよ。

 

ですので是非、彼が「嬉しい」と思う手紙を書いてみてくださいね。

 

今回はここでおしまいです。

素敵なバレンタインをお過ごしください☆

スポンサーリンク