バレンタインでの食事の支払いは女性か男性か?モヤモヤを解決!

恋人とのイベントであるバレンタイン。

女性が男性にギフトを贈る事に疑問を持つ方はあまりいないと思いますが、食事の支払いはどうでしょうか。

女性としては自分が払った方がいいのか?と心の中で迷う方も少なくないはず。

 

実際私も、そんなモヤモヤを抱えていた時期がありました。

大切な相手ですから、バレンタインは大事にしたい。嫌われたくない。

でも、心のどこかで男性に男気を見せて欲しいとか、そこまで私が払わないといけないの?などと思ってもいました。

一時期はそんな風になんとなくモヤモヤしたまま、バレンタインを過ごしていましたね。

 

けれども、そんな時期を経てきて今や一切モヤモヤすることはなくなりました。

考え方というか心の在り方ひとつでこのモヤモヤはなくなるんです。

以下で、その詳細をお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

まず、なぜバレンタインでの食事の支払いでモヤモヤするのか明確にしてみよう

先にも触れましたが、なぜ女性はバレンタインでの食事の支払いでモヤモヤするのかという話なのですが、色々あると思います。

まずはその気持ちを素直に明確にしてみましょう。

 

  • 彼にスマートな対応してくれることを期待している
  • チョコやその他ギフトですでにお金と労力をかけているので、それで十分ではないかと思っている
  • 特別払いたくはないけど、彼に「え、俺が払うの?」と思われたらどうしようと思う
  • お金に余裕がないので、割り勘で良いではないかと思うのが本音
  • 彼が大食漢なので食事代まで払えない
  • 逆に食事の支払いまですると「重い」と思われるのではないかと不安
  • 特別払いたくはないけど早く結婚したいからアピールしておこうかどうしようか

 

などなど人によって様々だと思います。

 

バレンタインは好きな男性に愛情を示す日で男性にチョコを贈ることでその想いを届ける、そんなイメージですよね。

ただ、食事代を支払うかどうかというのは色んな意味で微妙なところ。

彼と付き合いたての方から、ある程度年月が経過している方まで思うところはあると思います。

 

中には、上記のような自分の気持ちを否定してしまう方もいるかもしれませんね。

ですが、自分の気持ちを否定することはありません。

別に悪いことをしているわけではないんですから。

 

まず、バレンタインでの食事代を支払わないといけない、なんて義務は一切ありません

なんならチョコにしたって、贈らなければいけないという義務もありません。

逆に払ってはいけないというルールもありません。

 

そもそもバレンタインというのは自分の想いを示す日なので、払いたくないなら払わなくてよし

現実問題としても本当に払えないなら払わなくてよし

逆に払ってあげたいと思うなら払ってあげれば良し

 

あと、彼に嫌われたくないから払いたい、と思うのであれば払って良しです。

大好きな彼だからこそ、嫌われたくないと思う気持ちは普通のことです。

その嫌われたくないという気持ちが強いなら払えば良いと思います。

ただ、金銭的に無理しすぎないことが大切ですよ。

尽くしすぎると身を滅ぼすので、そこだけは気を付けて欲しいです。

 

逆に、付き合って間もない時期で、まだ距離感がある場合。

払うことで重たいと思われるのではないかと心配な方は、彼がどうすると喜ぶのかを考えてみると良いです。

払ってあげた方が喜びそうなら払ってあげれば良いし。

というか、距離感があるとはいえ既に付き合っているわけですから、払ってあげた方が大抵の人は喜びますよ

 

あと「払いたくない=彼への愛情が薄い」という方程式に惑わされなくて良し、ということも声を大にして言いたいですね。

というのも私自身が悩んだ事のあることだから言いたいだけなのですが…

変に悪い方向に考えてしまって「彼への愛情が薄い→彼に申し訳ない→このまま付き合っていて良いのだろうか…」なんて思っていた時期がありましてね。

 

ですが、今なら言えるのですが、愛情というのは育むものです。

現時点で特別食事代を払いたくないからといって愛情がないわけではありません。

彼と共に月日を過ごしていくうちに、愛情は深まります。

次第に、バレンタインに限らず「~してあげたい」という思いが自然に出てきますからね。

それに、付き合いが長くなると、愛情の形も変わっていくものですよ。

 

人それぞれ色んな気持ちがあると思いますが、まずは今の自分の気持ちを受け入れてあげましょう。

まずはシンプルに自分はこう思っている、と受け入れてしまいましょう。

実際にどう対処するかを考えるのは、自分の気持ちを明確にして受け入れてからです。

 

スポンサーリンク

実際にバレンタインで食事代の支払いはどうするか?

まず、支払うお金があって支払いたいという気持ちがある場合は、特に考える事はありませんね。

払ってあげましょう。

 

支払うお金が限られているけれど払ってあげたい場合は、食事の場所を予め決めてしまいましょう。

予算の範囲内で払えるよう、お店をリサーチしておけばとりあえずは安心。

もし彼が食事場所を気に入らないのではないかと心配なら、予め彼にも予算が少ないことを伝えても良いと思います。

あと、お家デートが可能なら、外食より費用が掛からないのでおすすめですよ。

 

一方、払いたいけれど金銭的に払えない場合は、素直に彼に伝えてみるのが一つですね。

あと、ある程度距離感が近い関係なら、これもお家デートにしてみても良いかも。

外食して外でデートするよりは、ずっとお金は抑えられますからね。

 

あと、特別払いたくはないけど、払ってあげないと微妙な空気になりそうな場合。

これもお家デートにしましょう。一番安上がりだし楽です。

夕飯まで一緒になるなら、簡単にご飯を作ってあげましょう。

もしお家デートが難しければ、ホワイトデーに期待して今回は支払ってあげましょう。

彼が喜ぶ顔をイメージすれば、「しょうがないな!払ってやるか!」と思えるかも。

 

あとは、もし彼との距離が縮まっている関係なら、割り勘でも良い?あっけらかんと言ってしまっても良いかも。

あと、払いたくない反面、本当に払わないと自分の中でモヤっとしそうな場合は、払ってあげればいいと思います。

 

色々な状況があると思いますが、基本は自分の気持ちに素直になって対処しましょう。

そして、現実的に無理のない範囲で、ということも忘れずに!


以上です!

自分の気持ちを大切に無理なくやっていきましょう!

スポンサーリンク