家族でピクニックならおにぎりだけ持って行こう!簡単おにぎりレシピをご紹介

こんにちは!

家族でピクニックするなら手作り弁当が食べたい、そんな風に思うことありませんか。

しかしその半面、休日にまで弁当作りするなんてめんどくさいわ‥と思う方もいるはず。

 

実は、私も弁当なんて果てしなくめんどくさい派です。

保育園の遠足であれば子どもが恥ずかしくないようにちゃんとお弁当作ってあげないと…とちょっと思いますが、家族で過ごすだけなら弁当なんてテキトーにしたい。

もっと本音を言うと、スーパーで買っても良いとすら思います。

 

ただ、全てスーパーの弁当やお総菜で済まそうとすると、意外と費用がかかりますよね。

ましてや1歳くらいの小さい子の場合だと、スーパーの惣菜ばかりあげるのにも抵抗があるはず。

そこで今回は、ずぼらママむけのおにぎりメニューを提案して行きたいと思います

 

(※ごはんを軟飯にすれば、手づかみ食べができるくらいになったお子さんから食べられると思います。

ただし、ママがメニュー内容をよく確認してから判断してくださいね。)

 

スポンサーリンク

家族だけのピクニックなら弁当箱はいらない!おにぎり大作戦!

弁当に詰めるのも手間だし、洗うのも手間になりますよね。

そういった手間を省くなら、おにぎりだけで済ましましょう!

 

煮物で簡単!混ぜご飯おにぎり

ずぼらママの本音としては海苔を巻いただけのおにぎり、いっそ塩むすびにでもしちゃいたいのではないでしょうか。

しかし、自分だけならそれでも良いですが、家族の分もとなるとさすがに一工夫しないと…と思うのではないかと思います。

そこで、それらを叶えてくれるのが”混ぜご飯おにぎり”です。

 

用意するのはあらかじめ作っておいた煮物

ひじきの煮物やおからの炒り煮、切り干し大根の煮物やきんぴらごぼうなど。

何種類もじゃなくて良いです。1~2種類でも十分。

 

夕飯に大量に煮物を作っておいて、余ったもので混ぜご飯おにぎりにするもよし。

大量に作った煮物を冷凍しておいて、それを解凍→混ぜご飯おにぎりにするのもよし。

当日煮物から作るのは大変なので、できればあらかじめ作っておくと良いですよ。

 

もし、小さい子ども向けに作った煮物なら味が薄めですよね。

それをおにぎりにするとさらに味が薄くなるので、ママパパ分はめんつゆなどの調味料を少しプラスすると良いかも。

中に梅干しや鮭フレークなどを入れちゃっても良いと思いますよ。

 

楽ちん☆キュウリと鮭とゴマで混ぜご飯おにぎり

煮物以外にも、キュウリ、鮭、ゴマを混ぜておにぎりにしちゃっても美味しいですよ。

~作り方~

  1. 子ども分の鮭は、あらかじめ鮭の骨や皮を取り除き、ほぐして冷凍しておきます。
  2. 大人分は鮭フレークで代用可。鮭フレークなら味が濃いのでちょうどいいかも。
  3. キュウリは薄く細かく刻んで塩もみします。しんなりして握りやすくなります。
  4. 鮭、キュウリ、ゴマ、ご飯を混ぜておにぎりにする。

※キュウリの塩分が気になる場合は、塩もみが終わったら少し洗うと良いです。

完成!!

食感が楽しいおにぎりですよ☆

 

意外と合う組み合わせ☆チーズわかめ混ぜご飯おにぎり

プロセスチーズとわかめを混ぜ込むんですが、これが美味いんですよー

我が家では子どもよりパパが好きなおにぎりかも(;^ω^)

おにぎりにしないで普通に食事に出しても美味しいですよ。

~作り方~

  1. わかめを細かく刻む。乾燥わかめを使う場合はあらかじめ水で戻しましょう。
  2. プロセスチーズは小さく角切りにするか、めんどくさければ手でちぎっても良いです。
  3. わかめ、チーズ、ご飯を混ぜる!ごはんが熱いうちに混ぜ込んだ方が、チーズが溶けて美味しいです。

※味が物足りなければ、塩やだしの素をプラスすると良いですよ。

 

スポンサーリンク

シンプルだけどおいしい☆おかかゴママヨ混ぜごはんおにぎり

いたって簡単。

かつおぶしとゴマ、マヨネーズとめんつゆを少し足して混ぜ込む。

そして握ったら、海苔を巻いて完成!

 

これもうちのパパが好きなおにぎりです。

ただ、マヨを混ぜるとヌルっとしたおにぎりになります。

気になるならマヨでなくチーズを混ぜると良いですよ。

それに、小さい子が食べるなら尚更、マヨよりチーズの方が良いかな。

 

なんちゃってピラフ風おにぎり

もし材料があれば、こんなおにぎりも美味しいですよ。

大人も子どもも好きなピラフ風です☆

~作り方~

  1. ミックスベジタブルとむきえび(冷凍エビなら解凍する)をバターで炒める。
  2. あれば、そしてめんどくさくなければ、タマネギやピーマンなど刻んだ野菜も一緒に炒める。
  3. 少しの水とコンソメを入れて蓋をして蒸す。
  4. 野菜が柔らかくなったらご飯を投入。
  5. 全体を混ぜて出来上がり。味が薄い場合は塩で味を調えても。




おにぎりだけで物足りないなら、おにぎりにおかずを詰め込もう大作戦

すみません、私はとことんめんどくさがり屋なんです(笑)

おかずをつくるなら弁当を持って行けばいいのに、とも思うのですが、かさばるのが嫌なんですよね。

もし私と同様にかさばるのが嫌ならば、BIG混ぜご飯おにぎりの中におかずを入れてしまいましょう

 

卵焼きを小さく切って中に入れ込むも良し。

唐揚げを小さく切って中に入れ込むも良し。

湯がいて味付けした青菜を刻んで中に入れ込むも良し。

楽だし、パパが喜びます。

 

ただ、このおにぎりだと子どもが食べづらくなってしまうのが難点

なので、子どもの分だけはお弁当に入れてあげると良いですよ。

例えば卵焼きとブロッコリーと果物とか。

 

ちなみに我が家の卵焼きはしらす入りが多いです。

美味しいんですよね。子どもも好きな卵焼きです。

 

話ずれましたが、おかずの内容はママ次第です。

他人に見られるわけでもないし。

見栄えなんて、ぐちゃぐちゃでなければなんでもいいと思います(;^ω^)

 

それか子ども次第では、おかずだけスーパーのお総菜にしても良いと思いますよ。

ちょっとおかずを買い足すだけならそんなに費用はかからないし、何より楽です。




まとめ

おにぎりだけなら弁当に詰め込む手間・洗う手間を省くことができます。

お弁当箱がない分、無駄にかさばることもないので、バッグの中もスッキリ。

もし、おかずがないと物足りないのなら、ママパパの分だけおにぎりの中に詰め込んで子どもの分だけ小さいお弁当に入れてあげる。

おかずを作ったり詰め込むのがめんどくさければ、おかずだけ惣菜にするのも良し。

 

弁当作りがめんどくさいなら、無理することはない!

楽していきましょう☆

スポンサーリンク