内牧公園のアスレチック&花見・水遊び・バーベキュー情報や近辺のお店情報もお伝えします

埼玉県春日部市の内牧公園をご紹介します。

立派なアスレチック、桜、小川やじゃぶじゃぶ池で水遊び、バーベキュー、などが楽しめるところなんですよ。

敷地はとても広く、近辺には農家さんが果物や野菜などを育てているような環境なのでとても自然豊かなんです。

農家さんでは果物狩り(一番多いのは梨です)をさせてくれるので、公園に遊びに行きがてら果物狩りをするのも良いですね。

近辺にバスは通っていますが、広くて体力使いますし、近くにお店もないので車で行った方が良いですよ。

 

スポンサーリンク

内牧公園なら桜、水遊び(じゃぶじゃぶ池・小川)、バーベキューが楽しめる!

内牧公園は広いだけではなく、緑や水がある環境です。

公園内で自然を楽しむのもいいですよ。

 

桜がきれいな内牧公園!家族でお花見にいかが?

桜の本数は大宮公園程はないですが、数百本はありそうです。

お花見広場があるのでレジャーシートを敷いてまったりお花見ができます。

 

その他、駐車場や内牧公園沿いのサイクリングロードにもあるので、お散歩しながら桜を楽しむこともできますよ。

自然豊かなところにある桜の花は絵になってとてもキレイです。

お花見してアスレチックで遊んで、広場でボール遊びをして‥と楽しめそう。

 

夏に内牧公園に行くならじゃぶじゃぶ池と小川(せせらぎ)で遊ぼう

内牧公園のアスレチック近辺にじゃぶじゃぶ池があります。

それなりに広さはあるので、十分楽しめそう。

じゃぶじゃぶ池の方から小川(せせらぎ)が流れているので、そこで生き物探しも楽しいです。

浅い小川なので1歳くらいの子でも楽しめそう。

 

ただ、岩が多いので転ばないように注意が必要です。

あと、自然豊かなだけに虫が多いです。

虫よけスプレーは必ず持参しましょう。

 

春秋の穏やかな日には自然の中でバーベキューも良い

使用料1000円でバーベキューが楽しめます。

水道やレンガ造りの炉があります。

屋根がないのですが木々に囲まれているので、”太陽の光を浴びっぱなし”という状況にはなりません。

暖かい春秋の季節に、自然を楽しみながらバーベキューを満喫するのが良いかと思います。




内牧公園で遊ぶなら…アスレチック、三輪車、外遊びも!

広い内牧公園で1歳児が楽しめるスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

アスレチックで遊ぼう

子どもの一番の遊び場のアスレチックですね。

ピクニック広場に小さい子向けのアスレチック遊具があります。

ただ、小さい子向けでも1歳くらいだと、遊べるのは一部にはなってしまいます。

 

更に階段を上ったところには林に囲まれた木製のアスレチックがあり、種類が豊富。

小学生くらいの大きい子が遊べるものが多いですが、ブランコなど小さい子も遊べるも遊具もあります。

林の中なので、日陰になっていて過ごしやすいですよ。

(ただ、暑い時期は蚊が多いです)

 

広場でボール遊びやシャボン玉などお外遊びをしよう

ピクニック広場やお花見広場、多目的広場など、とにかくスペースはあるので存分に外遊びができますよ。

シャボン玉を追いかけてみるのも良し。

ボールを転がして遊ぶも良し。

かけっこするのも良し。

内牧公園に行くなら、外遊び道具を持参すると良いです。

 

三輪車(自転車)があればサイクリングをしてみよう

内牧公園沿いにはサイクリングロードが走っています。

このサイクリングロードは、公園沿いだけでなく長ーく続いています。

1歳児が走るなら公園沿いだけで十分です。

道の幅は広くはないので、人がいないことを確認してから走ったほうが良いですよ。

 

※1歳児の公園での遊び方についてはこちらの記事に色々書いてみたのでどうぞ。

 




内牧公園の近辺で飲み物やお昼を買うならビッグエー

内牧公園のすぐそばにはお店はありません。

ですが、県道78号線を春日部方面に進むとビッグエーやマツキヨ、ローソンがあります。

ビッグエーはお値段安いディスカウントストアなので、お昼を買うならのぞいてみると良いですよ。

虫よけスプレーを忘れたら、マツキヨに寄るのも良いですね。(ビッグエーにもあるかな…?)

もしお昼を作っていくなら、こちらの記事もどうぞ。




まとめ

内牧公園のアスレチックは小さい子も遊べるものがありますが、やはり1歳児なら特に外遊び道具を持って行くと更に楽しめると思います。

お散歩しながら小さな自然を見つけるのも良いと思いますよ。

春にはお花見、夏にはじゃぶじゃぶ池や小川で遊ぶ、秋には枯葉がいっぱいになるので踏んで歩くと楽しいです。

自然に触れるには良いところですよ。

ただ、公園近辺にはお店がないので、いざという時のために車で行くことをオススメします。

スポンサーリンク