育休明けたが仕事できない…復帰後のミス多発の原因と5つの解決方法!

育休明けて、仕事復帰。

子どもとの濃厚な時間を経て、久しぶりの職場となるわけですが、何だか上手くいかない…

以前までバリバリやっていたのに、ミスが多くて辛い涙を流されている方もおられるのではないでしょうか。

(私もしんどかったです、、)

 

今回は、仕事復帰後のミスの原因と対処法についてお話していきたいと思います。

私自身の経験をベースに解説していきますので、ご参考になれば幸いです(>_<)

乗り越え方は様々ですので、ご自身に合った方法を見つけて、辛い日々から脱却していただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

育休明けで仕事できない…ミス多発の原因とは?

育休明けて、仕事でミスする方は、案外自分だけではないようです。

周囲に聞いてみたり、ネットで検索すると、同じような状況に陥る方が存外いるんだな、と感じると思います。

そして、かく言う、私もそうでした(;´∀`)

例えば、

  • 電話対応で、しどろもどろ ← 元々!?
  • 頼まれごとを忘れる
  • 入力ミスで大迷惑

など。。

人によって違いはあると思うのですが、私の場合は、大体こんな感じでした。

では、なぜミスをしてしまうのか?

考えられる原因をまとめてみたいと思います。

 

生活の変化に追いつけていない

まず、生活の変化が大きいことが原因の一つではないかと思います。

家庭で子どもと過ごす日々を送り、その生活に慣れた頃に仕事復帰。

家庭での生活に慣れた分、すぐには仕事モードに切り替わりづらいと思います。

大きな変化なので、難なく慣れる方って中々いないのではないでしょうか。

 

しかも、「家事+育児+仕事」という状況。

もう、本当にハードですよね(>_<)

子どもが生まれる前は、仕事にエネルギーを注ぎやすかったと思うのですが、

子どもがいる今は、家庭でも結構なエネルギーが必要になる為、出産前と同じように、仕事にエネルギーを注ぐのは、すぐには難しいと思います。

「ママが逞しくなる」+「子どもが成長する」→ここへ到達すると、仕事へ注げるエネルギーが増えるのですが、やはり、すぐには難しいと思うのです…

 

疲労と睡眠不足

前述の通り、大分エネルギーを使うので、どうしても疲れが溜まってきます。

加えて、ママと離れて保育園で過ごすようになることで、「夜泣き」しませんか?

保育園が終わると、ひたすらママにベッタリで、離れると泣いて嫌がるので、中々、家事が進まないということも。

 

「早く家事を終わらせて、子どもと一緒に9時に寝たい」

 

そう思っても、結局、寝るのが遅くなり、その上、夜泣きで満足に眠れないという。

勿論、お子さんによりけりだと思うのですが、こういった状況だと、本当に疲労と睡眠不足が蓄積するばかり。

辛い身体にムチ打って、仕事に行くわけですが、どうしてもミスすることは、あると思います。

 

体調不良

お子さんによると思うのですが、保育園に入園して1年くらいは、よくお熱を出します。

大抵は風邪だと思うのですが、その度に、ママもうつされていませんか?

私もしょっちゅう、うつされていました。

しかも、子どものお熱が下がった頃に、自分が熱を出すという。

 

しょっちゅう仕事を休んでいるので「少し熱があるくらいだから行っちゃえ!」と思い切って仕事に行く日もあったのですが、

やはり体調不良ですから、ミスすることも、あったように思います。

 

仕事内容の変化

育休前と同じ会社で働くにしても、多少なりともお仕事内容が変わると思います。

以前と違うお仕事だとか、何かルールが変わったりだとか。

職場の状況、仕事内容で、何かしらで変化があると思います。

 

久々の仕事で思い出しながら作業に取り組むと思うのですが、更に、新しいことを覚えなければならないので、ミスしやすい状況になるのではないでしょうか。

 

ミスが更なるミスを呼ぶ…

精神面の話になりますが、ミスをすると落ち込んで、更にミスしやすくなりませんか。

職場の人たちからの評価も気になると思います。

「任せられるだろう」と思ってくれている、その期待へのプレッシャー。

そして、期待を裏切ってしまった時の、申し訳なさとか。

 

何より「なぜ出来ないんだろう」と、ミスをする自分に対して、ショックを受けると思います。

ここで切り替えて、ナニクソと立ち上がったものの、またミスをしてしまい、自信がなくなっていく。

自信がなくなり、的確な判断ができなくなり、更にミスが増えていく…

こんな悪循環に陥っている方もおられるのではないでしょうか。

とらうさ
私だけだったら、ごめんなさい。

このように、ミスが増える原因は色々ありますが、この辛い状況をどう打破していけば良いのか。

次の見出しでまとめていきます。

 

スポンサーリンク

育休明けで仕事できない…ミス多発の現状から抜け出す5つの方法!

バリバリ仕事をこなしていた過去の自分をいったん忘れて、慎重に取り組む

「前は、普通にできたのに!」という思いがあるならば、いったん、過去の自分を忘れた方が良いかもしれません。

以前と今とでは、置かれている状況が全然違いますよね。

なので、過去の自分を引きずらず、「今の自分」をベースにして打開策を考えていきましょう。

ミスを減らす方法としては…

  • これまでのミスを振り返り、ミスしやすいポイントを洗い出し、重点的に気を付ける
  • メモを細かくとり、メモを見ながら作業する
  • 「大丈夫だろう」で判断せず、少しのことでも周囲や上司に確認する
  • 作業前や作業後に、間違いがないかチェックする
  • 周囲の仲間、先輩にダブルチェックをお願いする
  • タスクに不安点がある場合は、必ず質問して解決してから作業に取り組む ←恥やプライドを捨ててみて!

以上が挙げられます。

とらうさ
自信がなくなってしまった方も、「ミスする自分」から焦点をずらし、「どうすればミスを減らせるか?」を考えてみて下さいね。

 

自分を大事に、そして肯定的に

仕事に家事に育児に。

ママは本当に頑張っています。

ママは本当に尊い存在です。

 

仕事でミスをすることがあっても。

上司や仲間に辛辣なことを言われても。

自分を卑下する必要はありません。

 

どうか、ご自身を労って下さい。

どうか、ご自身を大切に思ってください。

プライベートの時間には、頑張る自分にご褒美をあげてください。

 

家事、育児、仕事を続けていくには、肩の力を抜くことも大切です。

勿論、仕事には適度な緊張は必要ですが、過度な不安や恐怖心はマイナスでしかありません。

「またミスをしたらどうしよう」と不安ならば、いっそのこと、思いっきり慎重になってみましょう。

慎重になる方が、ミスが減ると思いませんか?

 

思い詰めすぎず、自分を否定しすぎず、自分の長所を生かしてみて下さい。

自分を大切にすることと、生活にメリハリをつけてみて下さい。

きっと悪循環から抜け出せますよ。

とらうさ
変に自分を肯定的に捉え、「頑張るところは頑張る」「休む時は休む」「楽しむ時はとことん楽しむ」。場面場面で切り替えてみて下さい!巡り巡って、ミスが減ることにつながると思います!

 

家庭のことは、テキトーに

家事育児に関しては、適度に手抜きしてしまいましょう。

全てをキチンととこなそうとすると、潰れてしまいます。

  • 時に、夕飯をお総菜やレトルトにしたり、外食にする
  • 食事作りの際は、冷凍食品も利用する
  • 洗濯物は吊るしたまま畳まない
  • 掃除もクイックルワイパー程度にするか、いっそ平日は何もしない
  • 食器洗浄乾燥機や乾燥もできる洗濯機を購入して、家事を減らす
  • コープやオイシックスなどの宅配を利用する
  • 家事代行を使う

など、家事をテキトーにする方法は沢山ありますから、出来るだけ手間を省いてみてください。

 

そして、その省いた時間を遣って、お子さんと過ごしてみて下さい。

一緒に遊んだり、DVDを観たり。

ゆっくりお風呂に入ったり。

きっとママ不足が解消されるかと。

まだ、ママに甘えたい、安心感が欲しい、という時期だと思うので、少しでも愛情をかけてあげられると良いのかなと思います。

 

ただ、丁度、イヤイヤ期の兆候が見られる頃だと思うので、何かと嫌がったり、あまのじゃくになることもあると思います。

その場合は、切り替えるきっかけを作ってみたり、ルールを作るのも一つだと思います。

例えば、〇時に夕飯(○時にごちそう様)、〇時にお風呂、〇時に歯磨き、○時に寝る…といった具合にです。

 

時間が切り替わる前に、タイマーを使うのも一つの手。

「あと5分したらお風呂ね。」「ピピピが鳴ったらお風呂ね。」等のように、事前に予告しておくと、切り替えやすくなるかもしれません。

とらうさ
…と言っても、うちの子が1歳のときは、この方法は通用しませんでした汗

切り替えられるようになったのは、2歳半過ぎてからです(;´∀`)

 

なので、1歳の時期は「受け止める」を大事にした記憶があります。

イヤイヤは、親が受け止めてくれるかどうかを試している部分もあると思っていて、本人のペースやタイミングを大事にしてあげました(=自分もイライラしなくて済む)。

お風呂は嫌がるし、ご飯も嫌がるし、歯磨きも嫌がるし、着替えも嫌がるし、寝るのも嫌がるし、保育園からの帰り道のルートも嫌がるし、色んなことを嫌がられましたが、人として最低限のことはしっかり伝えて、あとは本人の意思を尊重してみました。

 

これが正しい育児とは言えませんが、受け止めてあげることで、「根拠のない自信」を持てるかなと思ったので、わが家では受け止めてあげる作業を大事にしてみました。

反面、アレコレやらせようとせずに済んだので、そういう意味で緩くテキトーにいられたと思います。

これは、ご家庭の教育方針によるところだと思いますので、可能ならば、旦那さんと考えてみて下さいね。

 

自分流のテキトー家事育児が見つかると、大分、楽になりますよ!

その分、仕事にエネルギーを費やせるので、ミスも減ると思います。

 

家族の協力を得る

これは必須ではないでしょうか。

旦那さんやご両親の協力を得ないと、めちゃくちゃ大変です。

  • 保育園の送り迎え
  • 朝ごはんは自分で用意してもらう
  • 家事を手抜きしても文句を言わせない
  • 乾いた洗濯物は、自分でどうにかしてもらう
  • 夕飯を作ってもらう
  • ママだけの時間を作ってもらう
  • ママが体調不良の時は、早く帰ってきてもらう

等々、旦那さんやご両親に協力してもらえることは、協力してもらいましょう。

背負い込むのはちと厳しい…

協力してもらえると、精神的にも身体的にも確実に楽になりますよ!

とらうさ
仕事にも集中して取り組めるようになるかもしれません。

 

仕事を辞める

もし、「家事育児仕事の両立が難しい」「今の職場で働くと具合悪くなる」などのように、厳しいと判断したら、辞めることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

今の仕事が全てではないですし、辞めるという選択肢をとるのも一つだと思います。

現に、私自身も、仕事を辞めて在宅ワークに切り替えました。

収入は減りましたが、その分、負担は格段に減りましたよ。

 

とはいえ、価値観の違いや、何より、ご家庭の生活に関わる問題ですので、旦那さんとの話し合いが必要になります。

また、「辞める」という選択肢の存在が、頑張ることの妨げになってはいけないな、とも思います。

ただ、「辞める」という切り札を持っていることで、緊張が解れるのであれば、悪いばかりでもないと思います。

 

私の場合は、「仕事を続けていても大してスキルが身に付かない上、収入も上がらない」「どうしてもイライラしてしまい、家庭を大事にできない」「体力が持たない」「社内の人間関係が苦痛」などの理由もあって、辞める選択肢を取りました。

とらうさ
これは人によりけりですので、「辞める」が邪魔になりそうならば、切り捨てていただけたらと思いますm(__)m

 

最後に

今回は、仕事復帰後のミスをテーマにお話しました。

辛いと思いますが、1年くらいで乗り越えられる、という方もおられます。

次第に逞しくなりますし、子どもも成長して、負担が減っていきます。

今をどう乗り越えるか。

ご自身に合った方法を選んでみて下さいね。

何を選んでも何とでもなりますから、自分を信じて下さい!

*関連記事はこちら↓

【育休明け】職場復帰後、仕事がない!暇な時間の有効な過ごし方とは?

2019年8月30日

1歳からの保育園通園で熱ばかりはいつまで?仕事休みすぎ対策のあれこれも解説!

2019年1月11日

保育園親子遠足のねらいとは?行きたくないぼっちママは父親同伴or欠席かどうする?

2019年5月30日

保育園の先生が冷たい&怖い!付き合い方や対応方法をお教えします

2019年8月9日

1歳(保育園)ワーママのタイムスケジュールとは?家事・育児・仕事の両立のコツと朝ごはんの例も!

2018年12月14日

1歳からの保育園で泣く子・泣かない子の特徴と対応方法は?辛い時期はいつまで?

2018年12月28日
スポンサーリンク