西松屋のおしりふきが新しくなった?値段や成分、使用感は?

最近西松屋のおしりふきが新しくなったようです。

そこで今回は、以前のおしりふきと何が違うのかお話してみたいと思います。

値段や成分、その他、私自身が感じた使用感についてお伝えしますね。

よければ見てみてください。

 

スポンサーリンク

西松屋のおしりふきが新しくなった!?値段と成分は?

西松屋の一番安い緑のお尻ふきがいつの間にか新しくなりました。

以前のおしりふきはこちら↓

これ↓が新しい白いパッケージのおしりふきです。

私が気付いたのは2019年に入ってからなんですが、恐らく新しくなったのはごく最近だと思います。

西松屋HPを確認してみたところ、旧おしりふき(緑)はなくなっており、新しい白いほうのお尻ふきに入れ替わっていました。

見た目が変わった他に何が変わって、何が変わっていないのか?ということなんですが、以下の通りです。

変っていないこと
  • 値段 一箱799円のまま
  • 枚数 変わらず80枚のまま
  • 個数 変わらず12個パック
変わったこと
  • 販売名 スマートエンジェルおしりふき → スマートエンジェルおしりふきRN1
  • 製造販売元 大一紙工株式会社 → アイプラス株式会社
  • サイズ 約130×170mm → 約140×160mm (大した違いではないですよね)
  • 材質 レーヨン不織布 → レーヨン、ポリエステル
  • 成分(99%水であることは変わりないです)
旧お尻ふき成分の写真

新お尻ふきの成分の写真

成分は大分変りましたね。

この成分一つ一つの説明はできませんが、99%が水で出来ていることは変わりないということなので、私は特に気にしていません。

その他、材質もちょっと変わって、ポリエステルが加わっていますね。

少し肌触りが変わりそうな気がしますよね。

ということで次に実際の使用感についてお話します。




スポンサーリンク

西松屋のおしりふきが新しくなった!使用感の違いは?

まず臭いですが、旧タイプのおしりふきよりも新しいおしりふきの方が臭いがしません。

旧タイプの嫌な臭いはなくなっていて、無臭に近いですね。

肌触りについては、旧タイプよりも新しいおしりふきの方が柔らかみがあるような気がします。

また厚みについても、触ってみると、新しいおしりふきの方が若干厚みがあるというか、質感があるように思います。

↑の写真は旧タイプと新タイプのお尻ふきです。

左側が旧タイプで右側が新タイプ。

サイズがちょっと違う程度で、その他の見た目の違いは感じませんよね。

 

けれども、触ってみると少し違うのが分かります。

古いタイプよりより良くなっているので、私としては◎です。

 

また、少し取り出しやすくなっている気もします。

旧タイプのお尻ふきは引っ張り出すときに1枚どころか何枚も連なってしまうこともありましたが、新しいタイプは取り出しやすくなったように思います。

なので、イライラしなくて済みますね(笑)




まとめ

西松屋の新旧お尻ふきの違いについてお話しました。

まるで違う!という程でもないですが、比べてみると違いを感じます。

そして改良されている?

少なくとも使用感は良くなっていることは間違いないです。

これでお値段変わらないですから、グッドだと思います。

一つの参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク