【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

例えば1歳の子供を保育園に預けて仕事をしようかと考えた時に、派遣かパートかを考える主婦の方も多いと思います。

本当は社員で働きたいと思っていても、子どものお熱などで急なお休みもでてくると思います。

なので選択肢を派遣かパートにしぼって考える方もいると思うのですが、実際、派遣とパートではどちらが良いんだろう、と疑問に思いますよね。

 

私は両方経験があるのですが、答えを先に言ってしまうと正直どちらにも良し悪しはあるんですね。

自分自身の状況や考え方次第になると思います。

以下では、その具体的なこととして、

  • 派遣・パートのメリットとデメリット
  • 派遣・パートで働ける可能性について
  • 派遣・パートに合う人
  • 派遣・パートの仕事を探すコツ

↑について、お話してみようと思います。

良ければ見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

派遣のメリットとデメリットとは?育児中の主婦も仕事はある?派遣先を探すコツは?

まずは派遣そのものの説明と、派遣で働くことのメリットとデメリット、育児中の主婦も働ける仕事はあるのか、派遣の仕事を探すコツ、についてお話しますね。

人材派遣とは?

先に派遣の基本情報をお伝えします。

必要ない方は次の見出しに進んでくださいね。

 

まず一口に派遣といっても色々あって、派遣の期間の長さに違いがあったり、派遣のタイプも3つ程あります。

派遣の期間
  • 日雇い派遣(日雇いの派遣は原則禁止なのですが、条件を満たせば働けます)
  • 短期の派遣(数か月程度の派遣)
  • 長期の仕事(長期案件でも数か月ごとに契約を更新していくことになります。更新を繰り返して最長3年まで派遣として働くことができます。)
派遣のタイプ
  • 登録型派遣(一般的によく知られている派遣。派遣会社がもっている案件から派遣先を選び、派遣先との契約期間だけ派遣会社と雇用契約を結ぶ形)
  • 紹介予定派遣(派遣先と直接雇用関係を結ぶことを前提とした派遣。初めは派遣社員として働き、自分と派遣先の双方の合意があれば、直接雇用に切り替えます。)
  • 無期雇用派遣(派遣会社と常に雇用関係にあるので、派遣先がなくてもお給料は支払われます。派遣先を選べず、家事育児との両立は難しいタイプの派遣です)

こんな感じで色んな派遣があり、自分に合った派遣の形を選ぶようになります。

 

そして長期の派遣ですが、一つの派遣先で最長3年まで働くことができますが、3年を超えた場合は下記のいずれかの方向に進むことができそうです。

  • 派遣先に直接雇用してもらう(派遣先がokすれば)
  • 派遣先の別の部署で働く(派遣先がokすれば)
  • 他の派遣先を紹介してもらう
  • 派遣会社に無期雇用してもらう
  • その他、派遣会社から教育訓練など安定して雇用してもらえるような措置をとってもらう

 

その他にも、派遣先によって業務時間や出勤日に違いがありますね。

業務時間や出勤日の違い
  • フルタイムの仕事が多いですが、中には扶養範囲内に収まるくらいの短時間の仕事もあります。
  • 日数も週5日くらいのところが多いですが、中には週3~4日程度の案件もあります。
  • 企業によって残業や土日祝日の勤務があるところもあります。

月にどの程度の残業時間があるのかも違いがあって、月に1時間程度のところもあれば10時間以上のところもあります。

 

もう一つ付け加えるとすると、派遣会社そのものの違いもありますね。

色んな職種の案件を持っている会社もあれば一つの職種に少し特化したような会社(看護師や保育士、介護など)もあります

その他、主婦向けの派遣のサイトもありますよ。

 

派遣の基本的な説明はこんなところになります。

次に派遣のメリット・デメリットをお話しますね。

 

派遣のメリット・デメリットとは?

派遣のメリット
  • 時給が高い(地域差はあると思いますが、私が見た中では時給1000円以上の案件が殆どでした。特に都内は高いです。)
  • 数か月ごとに更新するので、嫌なら更新しないで長く働かなくて済む。
  • 勤務上で困ったことがあれば、派遣会社が間に入ってくれることがある
  • 紹介予定派遣はもちろん、登録型派遣でも直接雇用に切り替えてもらえる場合もある(社員の可能性が見えてくる
  • 直接雇用してもらう会社をしっかり選べる(紹介予定派遣であれば)
  • パソコンのワードやエクセル、ビジネススキル等を学べたり、キャリアの相談ができる
  • 資格取得等のためスクールで受講する際、受講料の割引をしてくれるところがある
  • 色んな職種、大手企業の案件、未経験可の案件もあるのでキャリアを積みやすい。
派遣のデメリット
  • 長期の登録型派遣の場合は数か月ごとに更新し、最長3年までしか派遣として働けない
  • 派遣先の状況によっては更新してもらえず派遣終了になることがある
  • あまり休むと派遣先が契約更新を希望せず、派遣終了になる場合がある(派遣会社も仕事をあまり紹介してくれなくなる可能性がある)
  • 基本的に契約期間中は派遣先の仕事をやめることができない(更新のタイミングでないとやめられない)。
  • 契約更新を断るときが気まずい。
  • 派遣社員なので、派遣先でよそ者扱いされることもある(すごく気を遣ってくれる派遣先もある)
  • 派遣会社の社会保険に加入するには条件がある(契約期間が2ヶ月以上、かつ労働時間・労働日数が社員の3/4以上であること)
  • 持っているスキルによっては選べる仕事が少ない場合がある

それぞれ沢山ありますが、メリットならば時給が高いので生活が苦しくならないこと、キャリアを積みやすいことが大きいかなと思います。

あと、大手企業の案件もありますしね。

一方デメリットとしては、契約を更新されない可能性がつきまとってくることが大きいですね。

 

1歳くらいの小さい子がいる主婦も派遣の仕事が見つかる可能性はあるのか?

先に答えを言ってしまうと、小さい子どもがいても仕事がないわけではないですが、少ないことは確かです。

関東であれば、都内から離れれば離れるほど少ないんです。

例えば、子どもがお熱を出しても働きに出られる体制が整っていれば話は別なのですが、そうでない場合は中々仕事は見つからないです。

 

また、扶養範囲内で働くことを希望する場合、派遣の時給は高いので勤務時間が少なくなってしまうと思うんですね。

なので保育園に預けるための勤務時間に満たない仕事もありそうです。

扶養範囲内にしてもフルタイムにしても仕事は少ないので、派遣で働きたい場合でも、パートの仕事も併せて探しておいた方が安全ですよ。

 

あともう一つ加えるとすると、経験のある仕事を探すかどうかでも派遣の仕事の見つかりやすさは変わってくると思います。

未経験okの仕事もありますが、子どもを抱えているとなると避けられやすいです。

ただ、経験があれば働かせてくれる可能性があると思います。

こんな風に、探し方によって仕事が見つかる可能性が変わってくる部分もありますね。

 

派遣の仕事に合う人とは?

子どものいる主婦が派遣で働くなら↓の感じの人がオススメです。

  • できるだけ稼ぎたい(ボーナスは出ないが多いですが、時給が高いですからね)
  • キャリアを積んだりスキルを磨いて、いずれ社員の仕事に就きたい
  • 大手企業で働きたい
  • 「契約を更新されない」というリスクを背負える

まず派遣は時給が高いので、生活が苦しい方には良いですね。

また、キャリア形成・スキルアップ等をしたい方にも派遣は良いと思います。

ただ、もしママパパだけで育児をしている状況なのであれば仕事が中々見つからないです。

なのでまずは「仕事先の確保」「仕事先のキープ」が一番になってしまうんですよね。

その上で例えば…

経験のある仕事の募集を探し、仕事先を決めてキープする。

その仕事先で経験を重ねる

子どもがお熱などでお休みをしなくなったら、派遣会社にキャリア相談をする

(時間にゆとりが出てきたら、スクールの割引などを利用して仕事に関連する資格取得をしてみる)

ステップアップする(資格を活かせる仕事をするとか、直接雇用を考える等)

 

こんな感じでキャリア形成する道もあるかな、と思います。

大手企業の案件もあるので、条件が合えば大手でキャリア形成できる可能性もありますよ。

 

ただ、派遣は契約を数か月ごとに更新していくことになるので「更新されないリスク」があります。

例えば保育園激戦区にお住いのママは、仕事が突然なくなると困りますよね。

なので、どの程度リスクを背負えるか、契約を更新されない時には次の仕事を探せそうか、見つけられそうか、によってくるところもあるだろう思います。

 

派遣の仕事(派遣先)を探すコツは?

まず子どもを保育園に預けて派遣で働くなら、長期の登録型派遣(派遣先で働く契約期間だけ雇用契約を結ぶ有期契約のタイプ)の仕事が良いだろうと思います。

(ただ、子どもがお熱を出しても仕事をしっかりできるフォロー体制が整っているのであれば、紹介予定派遣等もありですよ)

そして、派遣の仕事(派遣先)探しのコツはこちら↓

  • できるだけ細かい条件にこだわらないで探す
  • できれば経験のある仕事を探す
  • 近場だけでなく、できるだけ通勤圏内を広げて仕事を探す(都内、都心部の方が仕事が多いですが、そこだけでなく幅広く探した方が見つかると思います)
  • 大量の人材募集をかけている仕事は狙い目(もし自分がお仕事を休むことになっても、他の派遣社員に穴埋めをしてもらえるかもしれないので)
  • 既に派遣社員を多く雇っている仕事も狙い目
  • 子育て中の主婦がいる会社も狙い目(理解があると思うので、働かせてくれる可能性はあると思います)
  • 派遣会社にも自分の状況(子どもがいること等)や求めている仕事について、しっかり伝えておく。(自分にあった仕事を紹介してもらえるため)
  • 派遣会社は複数登録しておく

※派遣会社で派遣先を探す時は、(私が知っている限りでは)基本的に自分で良い案件を探します。ただ、派遣会社の方でもマッチする案件があれば連絡をくれます。

↑上記のように幅を広げて探すことが必要になります。

ただ、実際に働き始めた時に無理のないよう探すことも大切です。

仕事が決まったとしても、働き続けられなければ自分も派遣会社・派遣先も困ってしまいますからね。

 

できるだけ探す範囲を広げつつ、家庭と保育園の事情に合ったところを選んでいきましょう。

保育園については、通園するのに必要な条件があるので(地域によって違いがありますが、例えば64時間以上の勤務が必要など)、条件に合った仕事を選んでくださいね。

*保育園利用に必要な勤務時間はこちらの記事が少し参考になるかもしれません↓

保育園(1歳)と仕事探し(保活・就活)はどっちが先?入園するには何時間就労が必要?

 

スポンサーリンク

パートのメリットとデメリットとは?育児中の主婦も仕事はある?パート探しのコツは?

パートのメリットとデメリット、小さい子がいる主婦が働けそうな仕事はどの程度あるのかや、パート探しのコツもお話していきます。

パートのメリット・デメリット

パートのメリット
  • 数か月更新の仕事でない場合が殆どなので、更新されなくて仕事に困る心配があまりないまれに更新が必要なところもあるので確認してください)
  • 派遣と同様、社員になれる可能性はある
  • 派遣は休むと派遣先と派遣会社に迷惑が掛かるので休みづらいですが、パートは直接雇用なので迷惑かける範囲がまだ狭くて済む
  • 資格取得などの勉強時間がとりやすい(短時間パートであれば)
パートのデメリット
  • 時給が安い(派遣の方が時給が高い)

こんな所だと思います。

あとは、派遣でもそうですが、選ぶ会社によって良し悪しが出てくると思います。

スキルアップができるような仕事を任せてもらえる会社もあれば、「社員のお手伝いさん」という色の強い仕事を任せてくれる会社もあります。

社員とパートとの間の隔たりが強いところもあれば、和気あいあいなところもありますし。

あまり休むと冷たい目で見られるところもあれば、気を遣ってくれるところもあります。

同じ仕事でも時給の高さが違うこともありますね。

 

パートの仕事に合う人とは?

例えば↓のような方が合うと思います。

  • 時給が安くても家計を維持できる方
  • お給料が安いので、稼ぐだけでなく節約して出費を抑えられる方
  • できるだけ近場で働きたい方
  • 仕事と家事育児のバランスをうまくとっていきたい方
  • 早めに資格取得などをしたい方(短時間パートなら勉強する時間がとれるかも)

お給料は安くなりますが、派遣よりは家庭と仕事のバランスが取りやすいと思うので、そこを重視するのであればパートが良いと思います。

また、キャリア形成やスキルアップするには派遣は良いのですが、パートでもできます。

例えば自宅からできるだけ近いところで短時間パートをして、夜、子どもを寝かせてから資格取得や何かステップアップに必要な勉強をする。

そして、資格取得などができたら、パート先で社員になれる可能性がでてくるかもしれません(もしくは転職でも)。

「勉強する時間」という部分においては、派遣よりもパートの方が確保しやすいと思うので、勉強する時間を重視するならパートの方が良いかもしれませんね。

 

1歳くらいの小さい子がいる主婦向けのパート求人はどの程度あるのか?

パートであっても、(子どものお熱などで)お休みするかもしれないことを前提で雇ってくれるところは多くはないです。

ただ、派遣よりもパートの方が子育てしている主婦向けの仕事が多いように思います。

  • 扶養範囲内の仕事
  • 家事育児両立して働けます!と宣伝している仕事
  • 子育てママ在籍中!など書かれた仕事

複数のパート求人サイトで探せば、↑こういった仕事出てきます。

派遣だと広範囲で探さないと見つからないと思うのですが、パートであれば近場でも仕事が見つかるかもしれません。

(お住まいの地域によりますけどね。)

そして、子育てママが働けそうな求人で、且つ経験のある仕事であれば決まりやすいと思いますよ。

 

パートの仕事を探すコツは?

探すコツは派遣と似たような感じです。

  • できるだけ条件にこだわらないで探す
  • 通勤圏内を幅広くして探す
  • 可能であれば都内の方でも探す
  • 近場だけでなくできれば都内の方も探す
  • 時給が多少低くても目をつぶる
  • 主婦向けの求人を探すこと(「子育てママ在籍中」など)
  • 経験がないと難しそうな職種は外すこと(例えば、経理とか)。
  • できるだけ経験のある仕事に応募する
  • 複数のパート求人サイトやハローワークでも探す

例えば↑こんな感じです。

 

派遣と同様、通勤圏内を少し幅広くして探した方が仕事が見つかりやすいです。

関東であれば、都内に近いほど求人が多いので、可能な範囲で都内の方も検討してみると良いですね。

また都内に寄れば寄るほど時給も高くなるので、できるだけお金を稼ぎたい方は、特に都内の方で探すと良いと思います。

もし都内が難しければ、県内の都市部の方でも探すと良いと思います。

ただ思いの外、近場でも時給高めの仕事があることもあるので、近場も漏れなく探した方が良いですよ。

 

まとめ

派遣もパートもメリット・デメリットはありますが、仕事の見つかりやすさでいえば、派遣よりパートの方が可能性は高いです。

ただ、パートだと時給が低いなどのデメリットがあるんですよね。

なので、もし派遣希望するのであれば、パートとセットで探した方が安全ですよ。

(パート希望であっても、念のため派遣なども探した方が良いですよ)

 

私も育休明けてからの仕事がなかったので、社員もパートも派遣も全て探したんですが、結局パートになりました。

最初は社員と派遣を探したのですが中々見つからず。

しかも、条件をしぼりすぎていましたからね。

中々決まりませんでした。

人によるとは思うのですが、こだわると本当に決まらないので、探す範囲を広げてみてくださいね。

 

関連記事

良ければこちらの記事も読んでみてくださいね↓

保育園入園(1歳)だが仕事が決まらない!退園・延長・継続の有無と仕事探しのコツとは?

2018年12月19日

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

2018年12月25日

1歳から保育園はかわいそう?仕事復帰で後悔しないためのヒントまとめ!

2018年12月11日

1歳からの保育園で泣く子・泣かない子の特徴と対応方法は?辛い時期はいつまで?

2018年12月28日

1歳(保育園)ワーママのタイムスケジュールとは?家事・育児・仕事の両立のコツと朝ごはんの例も!

2018年12月14日

保育園(1歳)と仕事探し(保活・就活)はどっちが先?入園するには何時間就労が必要?

2018年12月18日

保育園入園(1歳)で準備するものとは?必要品や服装選び等の注意点を解説!

2019年1月4日

1歳からの保育園通園で熱ばかりはいつまで?仕事休みすぎ対策のあれこれも解説!

2019年1月11日

 

スポンサーリンク