保育園入園(1歳)だが仕事が決まらない!退園・延長・継続の有無と仕事探しのコツとは?

※追記あり:2019.9.19

1歳で保育園に入園させて働こうと考えたものの、中々仕事が決まらない方も多いのではないでしょうか。

待機児童が多い中、折角保育園の入園が決まったのに仕事が決まらないと不安になりますよね。

  • このまま決まらなければ退園になってしまうんじゃないか
  • 延長はできないのだろうか
  • 継続して保育園に通園させられないだろうか

など考える方もいると思います。

 

実は私も元々派遣社員だったもので、育休終了後の働き先がなかったんですね。

なので同じように不安になりながら仕事を探していたんですが、どうにか保育園の期限までには仕事を決めることができました。

そこで今回は、私自身の経験ももとにして

  • 保育園の退園・延長・継続に関するお話
  • 1歳の子を保育園に預けて働きたいママ向けの仕事探しのコツ

についてお話しさせていただこうと思います。

よければ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

仕事が決まらない…保育園は退園になるの?延長・継続はできない?

仕事が決まらないと退園になるのか?その時期は?

「働くため保育園の応募をして入園が決まったけれども、中々仕事が決まらない」という場合ですが、やはり退園になってしまいます。

ただ「どの時点で退園になるのか」というのは各市町村によって違い、大体は入園してから2ヶ月前後です。

ちなみに私の地域では2ヶ月でした(例えば4月入園ならば、5月末までに仕事が決まらないと退園)。

 

また、期限までに仕事を決めるだけでなく、勤務証明書などの書類を役所に提出しなければなりません。

書類の中には自分で記入できるものもありますが、勤務証明書については勤務先で書いてもらうことになるので、仕事が決まり次第、早めに書いてもらうようにしてくださいね。

また、市町村によって違いはあると思いますが、勤務証明書だけでなく、例えばシフト制の仕事の場合はシフト表の提出も求められる場合があります。

勤務証明書だけでは勤務状況が分かりにくい場合は補足となる添付書類が必要、ということです。

もし提出書類に不安があるようであれば、役所に確認しておくと良いですよ!

 

仕事が決まらない場合、保育園の利用を延長してもらえないのか?継続するにはどうすれば?

保育園や保護者の状況、あと役所によっては検討してもらえるかもしれませんが、まず「期限を過ぎての延長はない」と考えておいた方が安全です。

地域にもよりますが、特に待機児童が多い場合には期待しない方が良いですよ(待機児童が多くなくても期待しない方が安全です)。

万が一、期限までに仕事先が決まらない場合には延長できないか役所に相談してみると良いとは思いますけどね(保育園にも仕事が決まらないことを話しておいた方が良いです)。

 

ただ、「延長してもらえるかも」と期待して仕事探しはしない方が良いですよ!

やはり保育園を継続して利用するには、仕事を決めるしかないです。

 

もしくは、職業訓練やその他資格取得のためのスクールに通えると、「就労」でなく「在学」という形で保育園を継続して利用できると思います。

ただ、念のため役所への問い合わせはしてくださね。

また職業訓練については、訓練を受ける条件を満たしているかどうかをハローワークに確認してみてください。

もし条件を満たしているようであれば、受講したいものがあるか探して、受講開始の時期などを調べてみると良いですよ。

 

保育園に申請した時の雇用形態と、決まった仕事の雇用形態が違っても継続して通園できる?

仕事を決めるにしても、例えば、保育園に申請した時にはフルタイムで申請していたけれど、決まった仕事がパート勤務、ということもありますよね。

継続して保育園を利用できるところが多いですが、役所への確認はしておいた方が良いです

私の地域は待機児童が多いものの、雇用形態や労働時間が変わっても「64時間以上の勤務」であれば継続して利用できます。

同じような市町村は多いと思いますが、激戦区などでは「退園」という形をとらされる地域もあるかも分かりません。

なので、確認はしておいてくださいね!

 

1歳の子を保育園に預けて働きたいママへ!仕事先が決まる仕事探しのコツとは?

1歳の子を保育園に預けて働きたい場合の仕事探しのコツをお話していきますね。

上記で触れましたが、雇用形態や労働時間などが申請時と異なっていても継続して利用できる、ということを前提に以下でお話していきます。

(もし、申請時と同様の状況でないと継続できないようであれば、選ぶ職種の幅を広げて探してみてくださいね。)

 

仕事探しのコツとは?

まず仕事探しのコツについてお話しますね。

先に答えを言いますが、シンプルに「こだわらない」ことです。

恐らく同じことを言っている方が多いと思うんですが、本当にこれにつきます。

 

子どもがいてもしっかり働けるフォロー体制(ファミサポだけでなく、実家によるフォローなど)が整っていれば仕事は決まりやすいのですが、ママパパで協力して生活するご家庭も多いですよね。

ご家庭の事情でフォロー体制の構築が難しいのであれば、やはり「仕事」で融通を利かせるしかないです。

 

それでも、例えば都内であれば求人数が多いので選びやすいし決めやすいです。

ただ、都内から離れていくほど求人は減っていきますよね。

(もちろん都内であっても、あまりこだわってしまうと仕事は中々決まらないと思いますけどね)

なので、まずは「こだわらない」ことをしてみてください。

 

では、具体的に何にこだわらないか?ということなんですが、

例えば…

  • 仕事探しの媒体(例えば少数の求人サイトだけで探さない。間口広げて探すこと。)
  • 正社員、パート、派遣(社員にこだわらない。派遣、パートも視野にいれて)
  • 給与・待遇にこだわらない(時給の最低ラインを少し下げる、ボーナス無しでもok、交通費全額支給でなくてもok等)
  • フルタイムにこだわらない
  • 通勤可能範囲を少し広げる(例えば通勤時間30分圏内の所を探しているなら、45分圏内にしてみるとか)

この辺りですね。

少々めんどくさいですが、仕事探しする間口は広げた方が良いです。

前述しましたが以前私は派遣社員でして、本来ならば育休終了後はその派遣会社で派遣先を決める予定だったんですね。

しかしその派遣会社からは、条件に合った仕事が少ないので他の会社でも探した方が良いと言われてしまいました。

なので、派遣会社も複数登録しましたし、派遣会社にこだわらずに色んな求人サイトなどで仕事を探しましたよ。

 

ちなみに社員の仕事も応募したのですが全滅でした…

これでもか!というくらい決まらないので、社員の仕事はきっぱり諦めて、派遣とパートの求人に絞って探しました。

 

口コミ・評価に振り回されすぎないで

例えば派遣会社一つにしても、ネットで検索するとそれぞれの会社に口コミ・評判があります。

正直、その辺りを気にしすぎるのも「仕事が決まらない」原因になると思うんですね。

 

例えば、私が以前利用していた派遣会社は評判は悪くないのですが、実際に働いてみた感じだと「担当の人によりけり」だな、と思いました。(担当の人というのは、派遣先と自分の間に入ってくれる、派遣会社の担当者のことです)

 

逆に評判が悪い派遣会社でも、実際に会社の人と話をしてみると割と親身に話を聞いてくれて、自分の状況にあった仕事をしっかり探してくれている感じがしたんですよね。

私の見解ですが、良し悪しは派遣会社そのものというより「派遣会社の人によってなのかな?」という気がします。

もちろん変な会社がないとも限らないので注意することは良いと思うのですが、あまりネットの口コミ・評判を気にしすぎて振り回されなくても良いのかなと思います。

 

他にも、ハローワーク等にしても同様です。

私はよく「ハローワークには良い求人がない」という話を聞くことが多かったのですが、ハローワークだから良い求人がないのではなく、単に当たり外れがあるだけなんだと思います。

有名な求人サイトで仕事を見つけても「仕事選びを失敗した」ってことはよくあることですからね(私はよく失敗しましたよ汗)。

もっと言うと、当たり外れといった運のほか、「自分の選択次第」という見方もできますし、働いてからの自分次第で仕事先が良いところにも悪いところにもなるのではないかな、と思います。

 

スポンサーリンク

職種は経験と意欲のある仕事に絞ると良いです

育休取得前はどんなお仕事をされていましたか?

  • 長く勤めていた仕事
  • 長くはないが面白く感じていた仕事
  • 自信がある仕事
  • 経験はないけど、関連する仕事の経験があり興味がある仕事

↑こういった仕事は思い当たらないでしょうか。

もしあれば、こういった仕事に絞って探した方が決まりやすいかと思います。

 

履歴書の志望動機が書きやすいでしょうし、その書いた内容には自然と自分の気持ちが乗っかると思うんですね。

「自分の経験してきたこと」「仕事への自信」「その仕事の面白さ」…色々あると思うんですが、ただ当たり障りのない文面になることなく気持ちのこもった文面になると思うんです。

そしてそれは読み手にも伝わるので「会ってみたい。面接しよう」となりやすいですよ。

 

面接にしてもそうです。

意欲のある仕事なら面接の中でも話しやすいですし、自分の「やりたい」という思いが相手に伝わるので、面接官には「働いてもらいたい」と思ってもらいやすいです。

なので、そういった仕事に絞って探してみると良いですよ。

 

もし求人が少なかったり決まらないようであれば、例えばパートで同じ職種を探すとか。

職種以外で範囲を広げて探すと見つかるかもしれません。

たとえパートであっても、その職種の経験は積めますから、いずれ社員になれるかもしれません(もしくは転職して社員になる、という可能性も)。

 

人手不足の求人に当たってみるのも手

中々自分のやりたい仕事が決まらないようであれば、人手不足の仕事に目を向けてみるのも一つです。

やりたい仕事が決まるまでの「つなぎ」として働く、ということです。

福祉関係や宅配の仕事など、ありますよね。

 

関連した仕事の経験があると尚いいと思います。

履歴書が書きやすいですし、面接でも親近感をもってもらいやすいかもしれません。

もしかしたら働いていくうちに楽しくなる場合もありますよ。

 

その他、例えば福祉ならば福祉施設の介護の求人が多いと思うんですが、意外と介護以外の求人(事務など)を募集していることもあるんですよね。

「介護という職種」だけを探すよりも、一つの施設が他の職種の募集もかけていないかも調べてみると良いですよ

意外といい仕事があるかもしれません。

 

あともう一つ。

オープン前やオープンしたての施設やお店なども狙い目です。

人手が欲しいから雇ってくれるかもしれないです。

ただ逆に、オープニングなので休まず働いてくれる人を強く求めている場合もあります。

それでも雇用の可能性はあると思うので、チェックしてみると良いですよ。

あらゆる職種を募集していると思うので、探してみてください。

自分がやりたい職種の募集をかけているかもしれませんし、やりたいわけではないけれど、できそうな仕事もあるかもしれません。

 

託児所付きの求人も探しておく

ショッピングモールや福祉施設、病院など、多くはないですが託児所付きの仕事もあります。

小さい子供を育てながら働いているママがいる職場なので、応募すれば考慮して働かせてくれる可能性がありそう。

なので、そういう仕事にもアンテナを張っておくと良いですよ。

必ず働けるとは言えませんが(私も応募したのですが落ちました)、視野に入れておくことをオススメします。

 

*追記:2019年9月19日

とらうさ
ちょっと追記しますね!

最近、求人で「Nプランニング」という派遣会社を見つけたのですが、今の時代にあったサービスを展開しているな、と思ったのでご紹介します。

Nプランニングはできて何年も経っていない新しい会社です。

ただ、ママにとってすごく画期的な会社でして、小さい子供をもつお母さん向け…というか、もはや乳幼児のママ専門の派遣会社みたいなものなのです。

大元(?)となる会社が株式会社WITHで、首都圏で保育園を展開しているのですが、Nプランニングで派遣のお仕事をする場合、WITHグループの企業主導型保育園に無料で預けられます。

 

待機児童で認可保育園に預けられなくても、Nプランニングの派遣の仕事をすればWITHグループの保育園に預けられ、しかも料金が無料ということです。

更に、保育園の基準は認可保育園と同等で、英語・リトミック(有料)、5歳からは国語・算数なども教えてくれます(国語なども有料かも…?)。

慣らし保育と仕事探しに関しても上手く順序立ててくれるので、スムーズに新生活を送れます。

 

ただ、デメリットもありです。

一つは、今のところ東京や埼玉が中心になるので、働ける&預けられる方がその辺りの方に限られてしまいます。

二つ目は、時給が低めということ。小さい子の場合、急なお熱を出す可能性があると思いますが、そういった兼ね合いもあって、他の派遣会社よりは時給が低めに設定されています。現在のところ、時給900円~1200円程度です。

三つめは、

「Nプランニングの派遣のお仕事以外で働く」&「WITHグループの保育園に通園させる」=保育料が発生する

↑こうなるようです。

例えば、Nプランニングで派遣のお仕事が決まって働き続けたいと思っても、途中で契約終了の可能性がありますし、働くのが嫌になって他の仕事を探したくなる場合もあると思います。

そんな時、もしNプランニング以外のお仕事をすることになり、加えて、WITHグループの保育園通園を継続する場合、保育料が発生してしまうようです。

幼保無償化が始まりますが、3歳未満(課税世帯)は無償化の対象ではないはず。

3歳以降は無償化の対象になると思いますが、一応、応募時に確認しておくことをオススメします。

Nプランニングのホームページはこちら→https://www.n-planning.jp/

WITHグループの保育園料金情報はこちら→https://www.mom.ed.jp/parents/

追記は以上です!仕事復帰と保育園事情に悩む方は多いですので、参考になればと思います!

幼保無償化も良いですが、待機児童をどうにかしてほしいですね(”_”)

 

私が利用していた求人媒体と、子育てママ向けの求人サイト等

  • 地域のチラシや新聞に載っている求人をチェック!

新聞やチラシに載っている求人って良いのがないと思っていませんか?

確かに掲載数は少ないですが、お宝のような求人が載っていることがあるのでチェックしてみてください。

お宝求人があった話

チャンスを逃してしまったのですが、ある時、チラシに良い求人が載っていたことがあったんですよ。

ちょっと関係ないのですが、一時期、保活で認可外保育園の見学に行ったことがあったんですね。

そこで「自分は事務の仕事を探しているのだけれど、まだ決まっていないんですよね」という話をしたんです。

そしたら、その認可外保育園で事務の募集をしていて地域のチラシにも求人を掲載している、と言っていたんですよ!

保育園での事務経験は問わないからと応募を勧められ、後日、保育園を運営している会社に応募の連絡。

しかし、人は決まったとのことで、時すでに遅し、、なんてことがありました。

こんな風に、チラシでも自分に合った良い求人が載っている場合があるので捨てずにチェックしてみてくださいね!

 

  • マザーズハローワークを利用するのも手

ただのハローワークでなく、子育てママ向けのハローワークです。

授乳やおむつ換えができる他、保育士さんが常駐して子どもを見てもらえるところもあるんですよ。

 

私が実際に行った所も保育士さんがいたので子どもを預けようとしたのですが、子どもが嫌がってしまったんですね。。

なので申し訳ないと思いながらも、結局子どもを抱っこしたまま仕事の相談を受けてもらいました。

相談を受けてくれる方は子育て経験済みのような女性の方で、子どもをあやしながら話を聞いてくれたので、とても話しやすかったです。

そして生活の状況を知った上でしっかり相談にのっていただけて、求人も紹介してくれました。

マッチする求人があった時には連絡してくれることもありましたよ。

 

担当してくれる方によって相性の良い悪いはあると思いますが、色んな意味で相談しやすい環境だと思うので、もし利用していないようであれば行ってみると良いですよ。

ただ、何か所もあるわけではないので、お住まいの地域によっては少し遠くなるかもしれません。

  • 複数の派遣会社に登録

派遣会社は複数あります。

案件の数は派遣会社によってそれぞれです。

女性や子育てママ向けの派遣もありますし、キャリアを積んでいくなど普通の派遣もあります。

普通の派遣でも子育てママ向けの仕事はあることはあるので、併せて登録すると良いです。

ただ、その登録ですが、実際に派遣会社に行って登録しなければならない会社もありますし、来社不要で登録できるところもあるんですよね。

 

例えばスタッフサービスアデコなどであれば、自宅で登録ができるので楽です。

スタッフサービスなんかはお仕事案件がすごく多いので登録しておくと良いかと思います。

 

その他、テンプスタッフは派遣社員に優しい派遣会社として知られています。

ただ、登録は会社に行かないとできず、登録時には簡単なテストを受けることになります。

 

あとはリクルートスタッフィングなんかも良いですね。

スタッフサービスと同じリクルートグループの会社なんですが、スタッフサービス程の案件はないものの大手企業の案件を多数もっています。

ただ、テンプスタッフと同様、会社での登録が必要なのと、タイピングや国語算数など簡単なテストを受けることになります。

 

その他、案件数はすごく少ないのですが、しゅふJOBスタッフィングという派遣もあります。

ビースタイルという会社があるのですが、そのビースタイルによる「しゅふ向けの派遣サイト」になります。

派遣なので時給は高い一方、主婦向けで時短のお仕事があるのが良いですね。

お仕事案件は少ないですが、チェックしてみると良いかと思います。

登録は自宅で出来ますよ。

 

*派遣会社のメリット・デメリットが気になる方は、こちらの記事をご覧ください↓

【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

 

  • パートの仕事を探す

いろんなサイトがあるので、私も複数利用しました。

派遣会社とつながりのある子育てママ向けのサイトなどあります。

それ以外の普通の求人サイトでも子育てママ向けの求人は割とあるので見逃せません。

例えば、女性向け、主婦向けの求人サイトであれば…

等ですね。

 

一般のアルバイト・パート求人サイトなら

などですね。

 

インディードなんかは特に見られる求人数が多いのでチェックしてみてください。

ただ、古い求人もそのまま検索結果に出てきてしまうので「この求人良いな!」と思っても、募集が終わっていることもあるので注意が必要です。

求人のページの下の方に「〇日前」と載っているので、その期間が短いほど新しい求人なので見てみてくださいね。

(例えば「1日前」の求人は新しいですが、それに対して「24日前」の求人は古いです。)

ただ求人が終わっているかどうかは確認してみないと分からないので応募先に確認してみてくださいね。

案外、終わっていないこともありますよ!

 

時給に関しては、パートなので派遣よりも安くなってしまいますが、探してみると悪くない時給もあります。

ただ、時給が高いところばかり探さず、自分の中で最低ラインとする時給の仕事も視野にいれてみてくださいね。

*パートのメリット・デメリットについて気になる方はこちらをご覧くださいね↓

【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

 

  • 社員の仕事

社員の仕事は本当に決まらないです。

仕事が中々決まらない状況なのであれば、いったんパートや派遣の仕事をして、子どもの状況次第で社員の仕事を考えてみるのが良いのかなと思います。

ただ、資格やスキル、経験とこだわりがあるのであれば、社員を狙うのも良いと思います。

以下の転職サイトは女性向けで、子育てママが働きやすそうな求人もあるので探してみてくださいね。

*エン転職WOMAN

https://employment.en-japan.com/woman/

*女の転職

https://woman-type.jp/

 

あとはパートと同様、インディードも良いと思います。

色んな求人媒体の求人情報がごそっと出てきます。

https://jp.indeed.com/

 

しっかり稼げる在宅ワークもある

探してみると、勤務証明書を書いてくれる在宅ワークの仕事もあります。

ただ、求人数が少ないのと、あっても専門的スキルを求められることが多いです。

とはいえ在宅ワークの仕事はママ向けの仕事が多いので、視野には入れておくと良いかもしれません。

いい仕事がある可能性もありますからね。

在宅ワークの詳細については↓の記事にまとめましたので良ければ見てみてください(次の見出しにもある「個人事業主」のことも含めてまとめてあります)

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

 

個人事業主になるという方法もある

あとは、個人事業主になるという方法もありますよ。

事業主というと大それた感じがしますけど、ライターなど資金が殆どなくてもできる仕事はあります。

 

個人事業主になる手続きも簡単で、税務署に開業届という紙一枚を提出するだけで「個人事業主」になれます。

収入が発生して確定申告する可能性が出てくるようになってから提出する方が多いですが、事業収入がゼロでも届出することができます(ただ、収入がない状態で保育園の利用ができるのかどうか、役所に確認してみてくださいね。)

 

ただ、旦那さんの健康保険組合によっては、個人事業主になったというだけで扶養に入れなくなる場合があるので確認が必要です。

(うちの旦那は協会けんぽなのですが、協会けんぽの場合は継続して扶養に入れます…が一応確認はしてくださいね)

あと、個人事業税という税金の支払いも発生してきます。

金額は収入などによって変ってきます。

個人事業主になることはすごく簡単なのですが、扶養や税金の支払いについては確認しておいた方が良いです。

 

*個人事業主に関する情報やお仕事については↓の記事でもまとめましたので良ければ見てみてください。

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

まとめ&保育園を退園しなければならなくなった場合について

いつまでに仕事を決めないと退園になるのか、確認の上、期限までに仕事を決めるよう動いてくださいね。

こだわりを捨てられるだけ捨てて、選ぶ範囲を広げてみてください。

そして、できれば経験があって自分がやりたいと思う仕事を選んで、その仕事への熱意をしっかり伝えてください。

小さい子どもがいても雇ってくれるところはありますよ。

 

けれども、もし仕事が決まらず退園になってしまった場合。

まず、失業保険が受けられるかもしれないので、受けたい場合にはハローワークに電話で問い合わせてみると良いと思います。

本来であれば、失業保険は退職した翌日から1年までの間でないと受けられないのですが、出産・育児などやむを得ない事情がある場合には、失業保険の受給期間をプラス3年まで延長することができます。

参考になるサイト

https://www.sodan-lp.jp/column/work/detail/1488872(リンク先:sodan)

https://www.hellowork.go.jp/member/unemp_question02.html(リンク先:ハローワーク)

→ハローワークのページは、Q9の質問の答えをみると参考になります。

 

あとは前述しましたが、託児所付きの仕事在宅ワークを考えてみるのも一つです。

託児所付きの仕事なら、福祉施設や宅配の仕事などあります。

託児所の利用料はその会社によって違います。

私が探してきた中でいうと、比較的安いところが多い印象でした。

1日500円のところもあったかな?

会社外の人もできる認可外保育園のところもあって、それでも4万円くらいだったと思います。

恐らく、どこの会社もそんなに高くないんじゃないかと思うのですが(むしろ安いかも)、もし応募するならば託児所の料金も確認してみてくださいね。

 

在宅ワークに関しては、ライターやモニター、事務、ブログなど仕事は色々あります。

ただ、年間の収入が38万円以上になると確定申告をしなければならず、税務署に開業届を提出する必要が出てきます。

開業届を税務署に出すと「個人事業主」という形になり、旦那さんの健康保険組合によっては扶養に入れなくなる場合もあるので確認しておいた方が良いです。

確定申告については、こちらのサイトが参考になるかもです↓

https://biz-owner.net/kakutei/38

(リンク先:個人事業主メモ)

ただ、失業保険を受けたい場合、先に個人事業主になってしまうと失業保険が受けられなくなってしまうので気をつけてくださいね。

 

関連記事

↓よければ併せて見てみてくださいね。

1歳から保育園はかわいそう?仕事復帰で後悔しないためのヒントまとめ!

2018年12月11日

1歳からの保育園で泣く子・泣かない子の特徴と対応方法は?辛い時期はいつまで?

2018年12月28日

1歳(保育園)ワーママのタイムスケジュールとは?家事・育児・仕事の両立のコツと朝ごはんの例も!

2018年12月14日

保育園(1歳)と仕事探し(保活・就活)はどっちが先?入園するには何時間就労が必要?

2018年12月18日

【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

2018年12月21日

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

2018年12月25日

保育園入園(1歳)で準備するものとは?必要品や服装選び等の注意点を解説!

2019年1月4日

1歳からの保育園通園で熱ばかりはいつまで?仕事休みすぎ対策のあれこれも解説!

2019年1月11日

 

スポンサーリンク