1歳(保育園)ワーママのタイムスケジュールとは?家事・育児・仕事の両立のコツと朝ごはんの例も!

子どもが1歳になると育休も終わるので、保育園に預けて働きに出ようと考えてはいませんか。

その一方で、子供中心の生活の中で家事・育児と仕事を両立できるだろうかと不安を感じているママもいると思います。

  • 朝の子どもの準備
  • 朝ごはんを用意して食べさせる
  • 帰宅後の家事育児(夕飯、お風呂、寝かしつけなど)
  • 洗濯や掃除

 

専業の時でさえ家事育児に追われて一日を終えているのに、そこに仕事の時間が加わわるとなると「こんな状況で本当にやっていけるんだろうか」と思いますよね。

(私も子どもを保育園に入れる前は気が重いし、不安でした…)

 

そこで今回は、1歳(保育園)のワーママのタイムスケジュールと家事・育児・仕事を両立させるコツ、そして子どもの朝ごはんを早くしっかり食べさせる方法(メニュー)ついてお話してみたいと思います。

よければ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

1歳(保育園)ワーママの1日のタイムスケジュール例とスケジュール通りにいかない要因!

1歳(保育園)ワーママの1日にタイムスケジュールと、スケジュールが後ろ倒しになるなど、スケジュールどおりにいかない要因についてお話しますね。

1歳(保育園)ワーママの基本のタイムスケジュール例

まず1歳(保育園)ワーママのタイムスケジュール例をお伝えしますね。

といっても、私自身のスケジュールなんですけどね。

仕事先や保育園の場所など、それぞれの状況があると思うので、その辺りはママ自身の状況に置き換えて考えてみてくださいね。

朝のスケジュール
  • 6:00 ママ起床 → すぐに洗濯機をかける → 朝ごはんの準備&お弁当の準備(弁当のおかずは夜のうちに準備)
  • 6:30 洗濯物を干す
  • 6:45 自分(ママ)の準備をする(歯磨き・洗顔5分、化粧5分)
  • 6:55 子どもを起こす(子どもが早く起きることもあります)
  • 7:00 布団を片付ける → 朝ごはん
  • 7:35 子どもの体温測定(保育園から毎朝測るよう言われています)・おむつ換え・子どもの着がえ・子どもの歯磨き・子どもの顔を拭いて保湿する
  • 7:55 保育園の連絡帳を仕上げる(途中までは夜のうちに書いておきます)
  • 8:00 自宅を出る
  • 8:20 保育園到着 → タオル、着がえ、エプロン、連絡帳などを所定の位置に置く → 先生に子どもを預ける(子どもの体調など何か伝える事があれば伝える)
  • 8:35 仕事へ向かう

新生活に慣れるまでは、少し早めに起きて時間に余裕を持たせた方が良いですよ。私は6時起床ですが、この生活に慣れるまでは5時半頃に起きていました。

 

夜のスケジュール
  • 17:00 仕事終了 → 保育園へお迎えに行く
  • 17:30 保育園到着 → 使用済みおむつや汚れた衣類をまとめて帰宅の準備 → 先生と話す(話さないこともありますが)
  • 17:45 保育園を出る(その後、買い物することもあります)
  • 18:05 帰宅 → 子どもと手を洗う → 子どもにテレビを見てもらい、その間に汚れた衣類やおむつの始末をする
  • 18:15 洗濯物をとりこむ(畳まないでつるして放置)
  • 18:20 夕飯作り(多めに作って、一部を翌日の弁当のおかずにする)&子どもの相手(←これが一番大変)
  • 19:40 夕食
  • 20:10 自分の食器をキッチンへ運ぶ&風呂を軽く掃除して湯をためる(パパに子どもとパパの食器を運んでもらい、子どもの歯磨きなどをしてもらう)
  • 20:30 パパと子どもには入浴してもらい、その間に洗濯物を畳みつつ子どものパジャマなどを用意して、食器を洗う
  • 20:50 子どもを風呂から出して、保湿&着がえさせる
  • 21:00 連絡帳を書いたり、翌日の子どもの準備(保育園に持って行く着替えやおむつ、タオル、エプロンをまとめる)
  • 21:30 子供を寝かしつけ
  • 22:15 自分の入浴
  • 22:45 自由時間(テレビ見たり、ネットするなど)
  • 23:30 就寝

※トイレやキッチン、床掃除は気になった時にちょこちょこやるスタイルです。

大体こんな感じです。

ただ、毎日この通りにはなりません汗

むしろスムーズにいかない事の方が多いです。。

 

では、なぜスケジュール通りに進まないのか、以下でお話しますね。

 

スケジュール通りにいかない具体的な要因

要因
  • 子どもがイヤイヤする
  • 子どもが甘えたくてぐずる
  • 子どもが体調不良
  • 子どもが中々寝付かない
  • 旦那の出勤時間が早くなったり、逆に残業で遅くなることもある
  • 旦那が疲れている
  • 旦那が体調不良
  • 自分の仕事が遅くなる
  • 自分自身の中にたまる疲労、睡眠不足
  • 自分が体調不良
  • 食材や生活用品が足りず、保育園からの帰りに買い物をする
  • 朝食や夕飯作りに時間がかかる

これらがあげられますね。

朝、子どもを起こそうにも子どもが5時くらいに起きてしまい、子どもの相手をしながら家事をする状況になるとか。

子どもが、着がえ・おむつ替え・ごはん・歯磨きを嫌がるとか。

子どもが甘えたくて、かまってほしくて、食事作りなどの家事が進まないとか。

パパとお風呂に入って欲しいのに、パパとの入浴を嫌がることもありますね。

 

あとは、保育園のお昼寝が長いこともあって、子どもが中々寝付かない、なんてこともあります。

保育園に行き始めの頃なんかは、子どもが敏感になって夜泣きはするし、子どもが寝たと思って離れると泣き出して中々自分が風呂に入れなかったり、なんてこともありましたね。

 

子どもの体調不良もしょっちゅうです。

特に保育園に行き始めの1年はよくお熱をだしますからね(個人差ありますけどね)。

子どもがお休みとなると、一日の流れも必然的に変わります。

 

子どもだけでなく、自分自身も子どもから風邪をもらって、家事育児、仕事が難しくなることもあります。

もちろん、パパが体調不良の時も稀にありますね。

体調不良でないにしても、自分もパパも疲労の蓄積でしんどいな、という時もあります。

そういう疲労だとか、特に体調不良の時には家事育児が難しいです。

 

その他、パパの仕事の時間がバラバラで、家事・育児の協力を得られないこともありますね。

そんな時に限って、少々手の込んだご飯を作ろうかと準備してしまい、寝る時間が遅くなることもありました。

 

あとは、週末に食材や生活用品を買い込んだものの、買い忘れがあったり、おむつが足りなくなるとかで急遽買い物に行く日もありますよ。

 

もう思い起こすとスムーズにいかない原因は山ほどありますね。

そして、時には疲労・睡眠不足・体調不良と戦いながら家事・育児・仕事にのぞまなければならない日もあります。

これまでの専業の感覚で全てをこなそうとすると、確実にしんどくなってしまいますよね。

ですが、ママパパの負担を減らして、両立していける方法があるんですよ。

詳しいことは以下でお話しますね。




1歳(保育園)のワーママが無理なく家事・育児・仕事を両立させるコツとは?

1歳(保育園)のワーママが無理なく家事・育児・仕事を両立させるコツについてお話しますね。

子どもにとって、自分にとって、家族にとって「大事なこと」を明確にする

専業の時と同じように家事・育児をこなし、更に仕事をするのは難しいですよね。

思うようにいかないことが多く、体力的にも辛い時があります。

そこで大切なのが「自分、子ども、家族にとって何が大事なのか」ということです。

 

専業の感覚で、家事育児をしようとすると体力的にも精神的にも追い詰められます。

私は一時期無理をして、過呼吸になって救急車で運ばれたことがありました。

家族みなに心配をかけましたし、毎日余裕がないので旦那にはきつく当たり、子どもを受け止めて愛情をかけてやることも難しかったです。

 

価値観は色々だと思いますが、私は色々な失敗を経て「子どもの健やかな成長・自分も家族も楽しく暮らす」ことが大切だと思うんですね。

そして、この大切なことを守るためには、日々の中で「家族で協力しあう」「省けるものは省く」「頼れるものは頼る」これが必要です。

そして、家事・育児・仕事の負担を軽減させつつ両立させるための大切なポイントなんです。

 

家族で協力し合う

専業主婦の感覚を捨て、ママが全てをこなそうとするのではなく、パパにも家事育児を背負ってもらいましょう

  • 保育園の送り迎え
  • 朝ごはんは自分で用意してもらう
  • 食器類を洗ってもらう
  • 子どもとお風呂に入ってもらう
  • おむつを換えてもらう
  • 弁当は自分でどうにかしてもらう
  • クイックルワイパーをかけてもらう

などなど、パパができることはパパにもやってもらいましょう。

自分の中に疲労を溜めていると、すぐに子どもから風邪をもらうので、普段から無理しない方が良いです。

パパに協力してもらったり、家事を減らして子どもと一緒にママも寝られる日があると楽ですよ。

(※子どもが中々寝付かない場合については、いろいろ対処法があるのですが、別記事でまとめてみますね。

まとめたらリンクを貼りますので、よければ見てみてください。)

 

それでももし、ママがひどく疲れたり体調が悪くなった時には、まずは旦那さんにSOSを出した方が良いですね。

夕飯を買ってきてもらうとか、早く仕事から帰ってきてもらえないか頼んでみるとか。

子どもにご飯を食べさせ、風呂に入れて、着がえさせて…という一連の流れもお願いするとか。

 

勿論、パパの状況もあるので難しいこともあると思いますが、大変な時も大変じゃない時も協力し合って、お互い支え合うことが大切です

ママパパのどちらか片方に負担が偏り過ぎると、ギスギスして夫婦喧嘩に…なんてこともありけり。。

 

あと、時に子どもがひどくぐずることもあると思います。

入園当初なんかは特に、保育園に行って寂しかった分を埋めるかのようべったり甘えてくるかもしれません。

そういう時は無理して家事をしないで、子どもを受け止めてあげた方が良いかと思います。

 

子どもも新しい生活を頑張っており、ママパパと離れて寂しいはずなので、たっぷり愛情をかけてあげてほしいと思います。

でないと、ますます寂しくでぐずり泣きして状況が変わらなくなってしまいますしね。

 

甘えたくてぐずっているときは、まずは15分くらい子どもとべったりする時間を設けてあげて、離れても大丈夫そうであればそこから家事を始めるとか。

それでもぐずり続けるようであれば、パパにも協力してもらって夕飯を買ってきてもらうとかして、家事を省いちゃいましょう。

 

「本当ならとっくにご飯を食べ終えているはずなのに遅くなってしまった」「本当なら今の時間は寝ているはずなのに、まだ子供が起きてる」など時にスケジュール通りにいかないことが出てくると思います。

専業でやっているときは当たり前にできていたことなのでイライラするかもしれませんが、そこは諦めてスケジュールにこだわりすぎない方が良いです。

もちろん、出勤時間や保育園の時間など守らないといけないこともありますが、あまりこだわらなくていいところは「こんな日もあるさ」「まぁいいや」と割り切ってしまいましょう。

 

できなかったことを責めないで、家族や自分を責めないで、頑張っている自分や家族を認めて、楽しく暮らすことを大切にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

具体的な手抜き方法(省く方法)

毎日、負担をかけすぎないで生活するために、省けることは省いた方がいいですね。

その時の状況によって「時間に間に合わない!」なんてことも出てくると思います。

なので、臨機応変に手抜き(省き)していくと良いですよ。

 

その具体的な方法が以下の通りです(私流ですが)。

朝の手抜き
  • 時間に間に合わなくなりそうなときは、子どもの朝の歯磨きをサボる
  • 無理して弁当を作らない
  • 弁当を用意するなら、夜のうちに夕飯のおかずを弁当につめておいて、朝は白飯をつめるだけにする
  • 朝ごはんは適当。最悪、旦那の朝ごはんは自分でどうにかしてもらう
  • 使う食器は極力減らす(洗い物を減らすため)
  • 朝、洗濯するのが難しければ夜に洗濯する
  • できる範囲で洗濯物を減らす(干す時間を短縮するため)
  • めんどくさい時は布団を片付けないで畳むだけにする(布団を敷いて寝ている方は)

あと手抜きとは違いますが、子どもの着がえは朝食が終わってからにした方が良いですよ!汚すから!

 

夜の手抜き
  • 風呂はたまにシャワーだけにする(浴槽の掃除がめんどくさい)
  • 夕食は凝ったものは作らない(手早く作れるものにする)
  • 夕飯を作りつつ、出来上がったおかずを順次子供に食べさせていくのもあり(夕飯が作り終わる頃には、子どもの夕食も終了している形になる)
  • 洗濯物は必要以上に畳まない(パジャマなど畳まないでそのまま着る)
  • 急遽買い物が必要な時は「安いスーパー」でなく「近くのスーパー」で買い物を済ませる

 

その他
  • 掃除は「気になったらやる」方式にする(一度に掃除をやらないで少しずつやる)
  • 週末にまとめて掃除や買い物をするのも◎
  • 週末におかずの作り置きをしておいて、それを平日の夕飯にだしたり、お弁当のおかずにする

 

ママパパお助け品・サービス・人を頼る(利用する)作戦

省くというより頼ることで負担を減らしたり、時短する方法です。

 

  • 形態安定のワイシャツを買う(アイロンかけを省くため)

形態安定のシャツがあると重宝しますよ。

うちの旦那も形態安定のシャツを着てもらっています。

↑これなんかは、比較的お手頃ですし、気に入らなければ1週間以内であれば返品可能(着用後・洗濯後でも)なので試してみるのも良いかもしれないです。

 

  • 夕飯作りの時、子どもには教育テレビのDVDを見ていてもらう(賛否両論ありますが)

夕飯作りが一番大変です。

遊んであげたいけれど夕飯を作らないと食べれないので、少しの間テレビやしまじろうなどのDVDを見ていてもらうと、ご飯作りが捗りますよ。

あとは、お気に入りのおもちゃがあると良いですね。

 

  • 夕飯を外食・お総菜・レトルトで済ませる

ママパパの負担軽減のため、もしくは作るのが困難な時は遠慮なく外食やお総菜を利用しちゃいましょう。

子どもに関しては、ごはんやうどんだけ用意して、もしおかずの作り置きがあるようであればそれを食べさせたり、子供用のレトルト(和光堂やグリコなどのレトルト)を食べさせると楽ですよ。

ママが体調不良でも、レトルトならパパでも子どもに出してあげられるので常備しておくと便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アイクレオ】1歳からの幼児食 アソート5種パック(1セット)
価格:960円(税込、送料別) (2018/12/14時点)

楽天で購入

 

    ↑これなんかは、私はよく常備していましたね。
    2歳の今はアンパンマンのレトルトを使うことが多くなりましたが、1歳代の内は上のシリーズをよく使っていました。
    離乳食のベビーフードを食べなくなってきた頃に、このシリーズを試したら好んで食べてくれたんですよ。
    幼児食用なので離乳食よりも少し味が濃くて美味しいんですよね。
    2食入りなのもあって、結構助かりました。
  • 食器洗浄機やドラム式洗濯機、ルンバなどを使う

共働きの家庭で、食器洗浄機(食器洗浄乾燥機)やドラム式洗濯機、ルンバを使って家事の負担を減らす方はいますよ。

うちは金銭的に厳しくて買っていないですが、以前働いていた職場の人で、ドラム式の洗濯機や食器洗浄機を使っているという方が結構いました。

やはりあると楽ですよ。

食器は洗わなくて済むし、洗濯機にしても乾燥までさせれば畳むだけで良いですし、ルンバも最近のは遠隔操作ができたり吸引力もあるので便利ですよね。

 

  • 買い物はネットスーパーや通販、生協などを利用

買い物に行くのは負担ですよね。

なので、定番のコープやオイシックス、わんまいるなどの宅配やネットスーパーを利用するのも一つですね。

買い物の手間が省けて、たとえば通勤途中とお昼休みなどに注文・購入できてしまうので楽ですよ。

 

コープは昔は紙での注文でしたが、今ではスマホから注文することもできて便利になりました。

お値段に関しては、普通のスーパーと大差ないですね。

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

オイシックスとわんまいるはお値段が少々高いですが、手間がかからないのと品質にこだわっているのが良いところです。

オイシックスであれば献立を考えなくてもキットになっているので、下ごしらえなどせず簡単に作れます。

【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】

 

わんまいるであれば湯せんで解凍すればすぐに食べられます。


あとは、イトーヨーカドーやイオン、楽天西友といったネットスーパーも便利です。

安さ重視であれば、楽天西友ならお値段安く買えますし、更に楽天カードで買えばポイントを貯められるのが嬉しいところかと思います。

 

  • 可能であれば実家に手伝ってもらう

もしご両親に頼れるようであれば、手伝ってもらうと良いですね。

たまに来てもらって家事育児を手伝ってもらったり、逆に実家に帰って楽させてもらうのも良いと思います。

遠距離の場合は難しいかもしれませんが、そこまで距離が離れていないようなら、辛い時や辛くなりそうな時には頼ってみるといいですね。

ご両親も孫に会えるので喜んでくれるかも。

 

  • 家事代行サービスをつかう

家事代行サービスを使うのも手ですね。

手っ取り早く負担を減らせるので、たまに使うのも良いと思います。

その時に、家事代行サービスの人がどんな風に家事をしているのかを見てみるのもいいですね。

家事を楽にするテクニックが見られるかもしれません。

CaSyは定期利用で1時間2190円~利用できます。スポット利用なら1時間2500円で利用できますよ。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy


  • ファミリーサポートや病児保育を利用する

共働きなら登録しておくと安心かもしれませんね。

保育園の送り迎えに行けない場合や、子どもが病気だけれど仕事にいかなければならないとか。

そういった可能性があるならば、登録しておくと御守り代わりになるかもしれません、

ただ、私が知る限りでは病児保育の定員は少なく、すぐにいっぱいになってしまうので、できることなら複数の病児保育に登録をしておくと良いと思います。

まずは、お住まいの市町村に確認してみてくださいね。

 

  • 可能であれば通勤は車にする

もし車通勤が可能で、さらに保育園に車での送り迎えができるようであれば、車を利用すると良いです。

自転車やベビーカー、歩き、通園手段が色々ある中で、一番楽なのが車です。

天候に問わず自転車などで送り迎えするのは大変といえば大変です。

車なら雨風が強かろうと楽に行けますし、通園時間も短くてすみますよ。

 

保育園に持って行く荷物もありますし、帰りに買い物をするのであれば、なおさら楽ですね。

駐車場がない保育園もあるので、近くの有料駐車場を利用するという手もあります。

ただ、お金がかかってしまうので、お財布との相談ですね。

もし、お金を重視するなら自転車等ですが、負担を軽減するならば車がおすすめです。

 

あまりにも辛いなら仕事を辞めて、転職するor専業に戻ることも視野に入れてみる

ご家庭の状況、仕事の状況などはそれぞれだと思います。

もし、あまりにもママが辛いようであれば、負担が少なくてすむ仕事に転職するとか、在宅で働くという手もあります。

(もしできるなら、勤務先の就労時間を短くしてもらうのが一番良いと思いますけどね。)

あとは、専業に戻ることだって一つの方法です。

旦那さんとの相談にはなりますが、ママがつぶれてしまいそうであれば「仕事を辞める」ことを選んでも良いと思います。

*お仕事についてはこちらの記事にまとめました↓

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

 




1歳から保育園デビュー!子どもの朝ごはんを早くしっかり食べさせる方法(メニュー)

次に、子どもの朝ごはんについてお話しますね。

子どもの成長のため栄養あるものを色々用意したいところですが、仕事と保育園に行かなければならないので、どうしても時間が限られてしまうんですよね。

なので、極力時間を短くして朝ごはんの準備をし、早く食事を終えられて、且つしっかり食べられる方法(メニュー)についてお話したいと思います。

※私が思う方法やメニューなので、ママの考え方に合わないものもあるかもしれません。

 

方法①:パン

ご飯だとスプーンですくって食べないといけないですし、まだ1歳になったばかりの子であれば、ママパパのフォローが必要ですよね。

それならば、手づかみで食べられる「パン」を主食にすると早いです。

食パンをスティック状にしても良いでしょうし、ママが気にならなければアンパンマンなどの子ども用のパンでも良いと思います。

私はアンパンマンのパンやパスコのスティックパン、食パンなどにお世話になっています。

*メニュー例:パン、野菜スープ、フルーツヨーグルト、卵焼き

 

方法②:ご飯にするならおにぎりにすると楽

ご飯にするなら、小さめのおにぎりを作って冷凍しておくと良いです。

食べる時はレンチンして、手づかみで食べてもらっちゃいます。

小さいおにぎりを作るなら、100均で簡単に作れる便利品が売っていますよ!

おにぎりグッズなら↓のサイトが参考になります。

https://matome.naver.jp/odai/2152515100579984001

(リンク先:NAVERまとめ)

*メニュー例:おにぎり、野菜と豆腐の味噌汁、ハムたまご、フルーツヨーグルト

 

方法③:作り置き

予め、煮物を作りおきしておいて、レンチンするだけです。

小さく切って混ぜご飯にするのも良いと思います。

*メニュー例:おにぎり、ほうれん草と豆腐とわかめの味噌汁、煮物、フルーツヨーグルト

 

方法④:野菜は切って冷凍ストックしておく

朝、野菜を切らずに済むように冷凍ストックしておくと楽です。

あとは、スーパーで冷凍野菜が売っているので、それを利用するのも良いですね。

私はよく冷凍のブロッコリーやミックスベジタブルを使っています。

スープ類にするも良いですし、手づかみで食べれるように温野菜にしても良いと思います。

または、解凍して味付けしてご飯に混ぜてしまっても良いと思いますよ。

 

方法⑤:コーンフレーク

食べづらさはあるものの、準備時間は短くて済みます。

時間がない時など、コーンフレークもたまにはいいと思います。

*メニュー例:コーンフレーク(牛乳をかける)、温野菜、フルーツ

 

方法⑥:フルーツは缶詰、バナナ、イチゴなどにすると楽

皮をむかなければならないものは、少々手間取りますよね。

それならば、缶詰にするとか、へたをとるだけのイチゴ、簡単に皮をむけるバナナなどにすると楽です。

 

方法⑦:野菜ジュース

子ども用の野菜ジュースを購入しておくと楽です。

私は良く出しています。

*メニュー例:パン、野菜ジュース、フルーツヨーグルト、ハムと卵焼き

 

私が思いつくのはこんな感じかと思います。

一つの参考にしてみてくださいね!




最後に

兼業になると仕事がプラスされるので、普通にやろうとするとママの負担は大きくなってしまいます。

家族で協力し合ったり、手間を省いたり、外部に頼るなどして、あまり無理のないよう毎日を過ごせると良いなと思います。

朝ごはんにしても、ママが許せる範囲で適度に力を緩めて作ってみてくださいね。

お互い、家事、育児、仕事、適当に頑張りましょうね!

 

関連記事

こちらの記事もよければ見てみてくださいね。

1歳から保育園はかわいそう?仕事復帰で後悔しないためのヒントまとめ!

2018年12月11日

1歳からの保育園通園で熱ばかりはいつまで?仕事休みすぎ対策のあれこれも解説!

2019年1月11日

1歳からの保育園で泣く子・泣かない子の特徴と対応方法は?辛い時期はいつまで?

2018年12月28日

保育園(1歳)と仕事探し(保活・就活)はどっちが先?入園するには何時間就労が必要?

2018年12月18日

保育園入園(1歳)だが仕事が決まらない!退園・延長・継続の有無と仕事探しのコツとは?

2018年12月19日

【徹底比較!】育児(1歳)中の主婦が仕事するなら派遣かパートか?メリット・デメリットまとめ!

2018年12月21日

保育園は在宅ワーク(勤務)の場合も通園(入園)は可能?在宅で稼ぐ方法とは?

2018年12月25日

保育園入園(1歳)で準備するものとは?必要品や服装選び等の注意点を解説!

2019年1月4日

 

スポンサーリンク