育児中は孤独で不安…友達いない主婦の解消&幸せを感じる方法とは?

育児中で特に子どもが小さいうちは、孤独や不安を感じませんか?

更にママ友がいないとか、そもそも友達もいないという主婦の方もいますよね。

 

私もそうなんですよね。

友達もいなければママ友もいないです。

今は働いているので日中子どもを保育園に預けていますが、今の生活になるまでは殆ど子どもと2人で生活していました。

パパは朝早く仕事へ行き、帰りは20時過ぎ。

(中には帰りがもっと遅い旦那さんもいますよね…)

 

子ども中心の生活で行動範囲は限られているし、会話という会話も旦那がいる時にちょっとするだけ。

育児は初めてだし正解もないので不安に思うこともしょっちゅうです。

外界から閉ざされているような孤独感、そしてパパが家にいないので自分ひとりで育児をしていることが多くて不安なんですよね。

そして、ストレスが溜まって爆発することもありました…

 

この時ばかりは、友達がいればなぁ、と思うこともありました。

でも段々と、孤独感を感じない時、幸せを感じる時、不安を解消できた時もでてきたんですよね。

 

きっとこの記事を読んでくれている方も不安や孤独で辛いと思います。

以下で解消する方法や考え方を書いてみますので、よければ参考にしてみてくださいね。

変わるきっかけになったり、ヒントになれば良いなと思います。

 

スポンサーリンク

友達がいなくても孤独・不安は解消できる!その方法や幸せを感じる考え方とは?

以下に毎日の育児に伴う孤独や不安への考え方や、解消方法、幸せを感じる考え方、友達がいなくても寂しくない理由など、思いつくままに載せていきますので、自分に合ったものをチョイスしてみてくださいね。

育児に不安や孤独感はつきもの

毎日毎日狭い世界で家事育児に勤しんでいると、不安や孤独はどうしても心の中に生まれてきてしまうものです。

こういう負の感情は嫌なものですが、意識しないようにすると余計に不安や孤独が色濃くなってしまうんですね。

 

なので、まず以下の三点を意識すると良いですよ。

  • 不安や孤独の存在を認める
  • 不安や孤独と共に生きるくらいの気持ちでいる
  • 不安や孤独に対して、具体的に対処する

負の感情を見ないようにすると、色濃くなるだけでなく、知らぬうちに増えていって大爆発することもあるので、不安や孤独も自分の一部として扱ってあげると良いです。

そして、具体的な不安や孤独への対処方法は以下に書いていきます。

 

寝る&ストレス発散&楽しむ時間の確保

  • 寝る時間を確保したり、身体の負担を軽減する

子どもが小さい内は夜泣きで満足に眠れないことが多いと思います。

睡眠不足だと、マイナス思考に陥りやすくなるんですよね。

そして、マイナス思考に陥りやすい状態だと、孤独感や不安感も強くなってしまうんです。

なので、睡眠不足を解消する時間を確保しましょう。

 

一番は旦那さんに協力してもらうことです。

一緒に生活しているので、一番理解してもらえる相手だし、一番協力してもらいやすい相手です。

 

旦那さんが仕事休みの日に時間をもらって、とことん寝るとか。

帰宅後からの育児はできるだけ旦那さんに任せて、自分の身体の負担をできるだけ減らすのも良いです。

 

旦那さん以外にも、実家や一時保育を視野に入れてみるのも一つの方法です。

心配で精神的に休めないようであれば無理に預けることもないですが、定期的に預けるのが習慣化すると次第に休めるようになってくるかもしれません。

 

  • イライラ、不安、孤独感などぶちまける

旦那さんや親にとにかく話を聞いてもらいましょう。

旦那さんの帰宅後に、思いっきりしんどい気持ちを吐露して話を聞いてもらうとか。

それこそ、孤独感や不安感があること、具体的な不安の内容なども話してみるのも一つです。

何なら泣きながら話したって良いと思います。

(私はしょっちゅうでしたよ!)

 

実家に帰って話を聞いてもらうのも良いでしょうし、遠ければ電話で聞いてもらうのも良いと思います。

かなりしんどい時は保健所・保健センターの人に話を聞いてもらうのも一つですよ。

相性などありますが、少なくとも蔑ろにすることはないと思いますし、親身に話を聞いてくれます。

(あと抵抗がなければ、子育て支援センターでも話を聞いてくれたり相談に乗ってくれるので、足を運んでみるのも一つです。)

 

  • 家事はテキトーに!

家事は完ぺきにこなそうとすると余計に自分の時間が少なくなり、虚しさ・ストレスのもとになるんですよね。

もし、自分の中に楽しさや充実感があれば、虚しさやストレスは感じなりますし、孤独感や不安感もちっぽけなものに思えてきます。

ポジティブな気持ちになれるので、孤独感や不安感を冷静に分析してシンプルに考えられたりもするんですよね。

そうすると、ずーっともやもやすることもなくなります。

なので、自分の中に楽しさや充実感をちょっとでも作れるよう、家事時間を減らしていくと良いです。

 

もちろん、家事が生きがいならば、存分に家事ができる時間を確保する方向にもっていった方が良いですけどね。

目的は「自分の中に楽しさや充実感を作ることで孤独感や不安感をちっさくする(消す)こと」なので、その目的を達成できるよう、家事の時間を調節すると良い、ということです。

 

この目的を達成するには、旦那さんの理解・協力が必要です。

もし家事時間を短縮する場合は、日々の家事育児の大変さや孤独感・不安感があることを理解してもらいましょう。

 

そして、掃除してなくて、ほこりがあっても文句を言わせない。

気になるなら旦那さん自身にやらせる。

 

洗濯もあれこれ洗わないで、必要最低限の衣類だけ洗うとか。

ご飯も、旦那さんと自分の分はお総菜やお弁当で済ましても良いと思います。

ある程度お子さんが大きいのであれば、たまには子どももお弁当にしてしまうのも一つです。

 

逆に、思うように家事ができなくてイライラするのであれば、旦那さんが帰宅してから思う存分家事をやらせてもらうとか。

旦那さんが休日の時に、家事の時間を作ってもらって思いっきり家事をするのでも良いと思います。

 

あとは、家族みんなで家事をしてみるのも楽しいし、気が楽だし、なんだか一人じゃないっていう感じがして良いですよ。

月齢・年齢によりますが、子どもも大人のまねごとをして参加してくれるかもしれません。

 

うちの子は掃除機が好きで、掃除機を出すと喜ぶんですよね(;^_^A

なので、あんよができるようになってからは、掃除機をかけてもらうことがあります(最終的には私がかけ直しますけどね)。

そしてその間に、旦那や私は子どもの近くで洗濯物を干したり、拭き掃除したりしています。

 

あとは、外部にお願いするのも一つですね。

お金かかっちゃいますが、「家事代行サービス」というのものがあるので利用してみるのも手です。

大体は民間の企業が行っていますが、一応お住まいの市町村でもそういうサービスそのものや、費用の助成などをやっていないか聞いてみると良いですよ。

民間であればCaSyなどですね。


上記の通り、やり方は色々あるので、まずは自分自身がどうしたいかに合わせて、旦那さんに協力してもらうと良いと思います。

 

  • 自分だけの楽しみを見つけよう!

自分の時間を楽しみましょう!

例えば、大好きなアイスやお菓子を食べるという小さい楽しみを毎日取り入れてみるのでも良いでしょうし。

子どもを早く寝かせて漫画を読んだりゲームするとか。(中途半端になってしまうかもしれませんが)

毎日の中にちょっとした楽しみを作ることが一つ。

 

あとは、例えば旦那さんが休日の日にプチ旅行に行くのも手ですね。

私はお出かけが大好きなので、ほぼ毎週日帰り旅行に連れて行ってもらいました。

これが一番の楽しみだったんですよね。

普段の閉鎖的な生活というか、狭い範囲の生活から出て外の世界に触れられるので、解放的になりますよ。

 

もし、自分ひとりでお出かけする方が楽しいようであれば、やはり旦那さんに協力してもらって時間を確保するのも良いと思います。

買い物に行くのもよし、ドライブに行くのもよし、美容院に行くのもよし、カフェで読書するのもよし。

ひたすらネットサーフィンでも良いですし、近くの温泉で過ごすのも良いですね。

 

あとは、もしできそうなら通信教育などで資格の勉強をしてみるのも一つかもです。

家事を手抜きして、その分、資格の勉強に時間を割いてみるとか。

好きなことでも良いですし、仕事に生かせる資格でも良いと思います。

今すぐは難しくても、やりたいことが見つかれば気持ちが明るくなると思うので、視界を広げてみると良いですよ。

ケイコとマナブは趣味・仕事の資格がとにかく豊富です。

ウーモアは女性向けなんですが、子どもに関する資格とか、ニッチな資格も取り扱っていて結構面白いですよ。

毎日が楽しくなるおケイコを探そう!ケイコとマナブ.net

【WOMORE】(ウーモア)

旦那さんに理解と協力をしてもらう

上記の補足になります。

毎日の育児、そしてそれに伴う不安、孤独。

これらと共に生き、対処していくには旦那さんの理解と協力が必要です。

友達がいないなら尚更必要です。

既に旦那さんが育児の辛さを知っていてくれているのであれば協力してもらいやすいと思うのですが、あんまり分かっていない場合は、まず育児のことをよく知ってもらいましょう。

 

例えば休日に旦那さん一人で育児をしてもらうと良いと思います。

まずは数時間体験してもらって、徐々にママがいなくても育児できるぐらいになってくれればベストです。

 

あと、毎日の不安や孤独感、イライラを自分の口で伝えること。

不安なんだよ、辛いんだよ、ということを知ってもらうことで、協力する気持ちにさせましょう。

感情を乗っけて伝えるとより効果的だったりするので、発散を兼ねて旦那さんに話を聞いてもらうのも一つだと思います。

 

ただ、旦那さんも仕事で疲れているとは思うんですよね。

なので旦那さんの状況や気持ちも尊重しつつ、話を聞いてもらうようにするとより良いです。

ケンカしなくて済むし、夫婦関係もこじれなくて済みますからね。

 

もし、話をしてみたけれど望むような返事や態度でなくてイライラするようであれば、何を望んでいるのかをはっきり伝えましょう

 

私なんかもよくそういうことがあったんですよね…

まずは話を聞いて受け止めて欲しい。その上で一緒に考えて欲しいのに、

旦那
それを言って、俺はどうすれば?

なんてことを言ってきたり。

 

その他にも、意見を求めているわけではないのに、やたら説教くさく感じるようなことを言ってくることもありましたね。

そうじゃないんだよ!わかんねぇ奴だなぁ!

私としてはこんな気持ちです。

 

とはいえ、しょうがないんですよね。

本当に旦那は分からないんですからね。

なので、話をする前に前置きすることをおすすめします。

しんどいから聞いてほしいだけなんだけどね…
一緒に考えて欲しいんだけど…

などですね。

 

「察して!」というのは諦めた方が良いです。

旦那が私に良く言っているのですが、

旦那
お前、宇宙人みたい。考え方とかいろいろ違いすぎて。

こんなことを言います。

 

もう、違いすぎるのでわからないんですよね。

なので望むことはしっかり言葉で伝えた方がスムーズに話が進みますし、イライラしなくて済みます。

潔く割り切っていきましょう。

 

関連記事:子育て(育児)でイライラ・腹立つ原因は?役立たずと感じる夫と協力するコツ!

子どもと毎日一緒にいられるのは今しかできないと考えてみる

社会と隔たりがあるような孤独感や自分ばかり育児していて不安を感じますが、子どもとべったり過ごせるのは今だけなんですよね。

大変ですが、貴重な時間であり幸せなことでもあるんですよね。

今の自分にしか味わえない時間です。

たまに、このことを思い出してみると良いです。

不安感や孤独感より、目の前の小さな子どもへの愛おしさや可愛い子どもと過ごせることの幸せを大きく感じられるかもしれません。

 

「育児を楽しむ」という視点をもってみる

以前、母乳相談室の先生に「育児を楽しんで」と言われたことがありました。

その時は「そんな余裕ないよ!」と思ったのですが、同時に「育児を楽しむ」なんて言葉は私の頭の辞書になかったので納得した自分もいたんですよね。

小さい子の育児は本当に大変ですが、楽しむという視点をもっていると気分も行動もちょっと変わっていきますよ。

 

育児を楽しむことは友達なんていなくても、いくらでもできますからね。

楽しむことで充実感が生まれ、孤独感や不安感はどこへやら…なんてことにもなりますよ。

不安とか孤独とか友達がいないことにとらわれすぎず、親子二人の時間、家族の時間を楽しんでみてはどうでしょうか。




子どもが大きくなれば少しずつ行動範囲が広がっていく

子どもの成長って早いですよね。

小さいうちは特にそれを感じます。

赤ちゃんの内は歩くことができませんが、1歳前後には歩けるようになってきます。

お昼寝も1回で済みますし、食べられるものも増えていきます。

 

なので、子どもとの行動範囲は広がりますし動きやすくなるんですよね。

行動範囲が広がれば(動きやすくなれば)より外出しやすくなります。

そして、長時間いろんなところに外出できれば、孤独感は和らぎます。

 

子どもは成長するし、自分自身も変わっていきます。

いずれは保育園や幼稚園に通うことになるので環境も変わります。

今感じている不安や孤独感は今だけなので、そう考えると多少でも気分は変わるんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

友達、ママ友はいないのは自分だけではない。友達はいなくても大丈夫。

ママ
友達がいれば育児の悩みを共有できるのになぁ。多くの人は友達同士の家を行き来したりするんだろなぁ。

こんな風に友達がいないことを意識してしまうかもしれません。

 

そして、友達やママ友がいない理由は人それぞれだと思いますが、大体↓のような感じだと思います。

  • 遠方に引っ越したことで、近くに友達(ママ友)がいない
  • 元々友達がいない。人付き合いが苦手。めんどくさい。
  • 初めての育児で友達はいるけどママ友はいない

ちなみに私は元々友達がいない派です。

強いていうなら、旦那が「友達」にもなってくれています。

 

それぞれ状況がありますが、いずれにしても友達がいないのは自分だけではないです。

例えば、ちょっと古いですが↓のサイトを見ると「自分だけじゃないな」と思いますよ(笑)

↑以外にも「友達いない」と検索すれば山ほど出てきます。

友達がいない人は沢山実在しているので自分だけではないですよ。

そして、みんな友達がいなくても、なんやかんやで育児していますから大丈夫です。

 

それに、自分の周りには家族や地域のサービスもありますからね。

孤独感はあるけれど、本当は孤独ではないです。

何より、家族がいるって本当に幸せなことなんですよね。

ないものを数えて孤独を感じるより、あるものを数えて幸せを感じるよう視点を切り替えてみると良いかもです。

 

ショッピングモールや公園など人がいるところへ行く

あとは、対症療法的ですが人が多くいるところに身を置くと孤独感が和らぎます。

毎日の1対1の育児も、周囲に人がいれば何となく自分だけではない気がします。

実際、自分以外の親子も必ず来ていますから、自分だけでないと思えるはずです。

 

公園やショッピングモールのキッズスペースで子どもを遊ばせつつ、他の親子の様子を見てみると良いかもしれませんね。

自然な流れで、他のママと言葉を交わせることもありますよ。

 

あと、ショッピングモールでは育児相談や栄養相談を開催していることがあるので、遊びに行きがてら相談に乗ってもらうのも一つです。

不安なことがあれば、ちょっと話してみると良いかもしれません。

 

あとは、例えばフードコートでのんびりご飯を食べつつ、人間観察してみるとか。

ウィンドウショッピングするのでも良いと思います。

孤独感を感じているけど直接人と関わる気分でない時は、そういうのだけでも良いと思いますよ。

 

※公園に行くのが怖い人は↓の記事も見てみてください。

関連記事:公園にいるママ友グループが怖い…公園デビューの今の現状と楽しく遊ぶ方法とは?

 

子育て支援センターや児童館、子育てサロンに行く

支援センターや児童館、子育てサロンは、キッズスペースや公園よりも他の親子と交流しやすく、孤独や不安感を払しょくするにはとても良いところです。

児童館だと18歳までの子が対象なので(施設によるかもしれませんが)来るお子さんは割と幅広いですが、子育て支援センターや子育てサロンなら同じくらいの子やママと交流できると思います。

 

というのも、(私は行ったことがないのですが)子育てサロンは3歳までの子を対象としている場合が多いそうなんです。

そして支援センターも、それこそ0歳から通うことができ、年齢別に利用日が分かれていたりするんですよね。

 

支援センターには(多分、子育てサロンも)おもちゃが沢山あるので、親子で遊ぶことだけを目的に来る方もいますし、他の親子と交流することを求めて来る方もいます。

利用の仕方はそれぞれですが、いずれにしてもママと子の一つの居場所になるようなところです。

 

その他にも育児相談や子育て家族にとって有益な情報を得られる場を設けてくれたり、絵本の読み聞かせや季節のイベント等も行っているので、そういうイベント等にだけ参加する方もいますよ。

 

気軽に育児相談をしたい場合やママ同士の交流、そしてママ友を作りたいのであれば、どんどん足を運んでみると良いと思います。

 

ただ、もし苦手意識がある場合には月に1回だけとか、イベントごとにだけ参加するとか、そういう利用の仕方でも良いと思います。

それでも苦手なようなら無理して行くこともないですよ。

 

全員が全員利用しているわけではないので、そういう場に行かないことで変に孤独感を感じなくて大丈夫ですよ。

私もそうですが、苦手で行かないというママもいますから。

本当に人それぞれですからね。

※子育てサロンは有料のところもあるようです。事前に確認してみてくださいね。

 

↓こんな記事もあるので良ければ併せて見てみてください。

関連記事:1歳の子は児童館に行くべき?行きたくない苦手なママの過ごし方をご説明します

関連記事:子育て支援センターの利用頻度は?先生が苦手、浮く、疲れても行く人はいるの?

 




ベビースイミングやベビーヨガなどに行く

近くにベビースイミングやベビーヨガ、あとはベビーアートがあれば利用してみるのも一つの手です。

同じ親子が集うので、自然と交流が生まれることもあるかもしれません。

 

ただ、まずは目的通り、スイミング、ヨガ、アートを楽しみに行くと良いと思います。

人との交流はその中で自然と生まれてくるものですからね。

まずは親子で楽しんで、充実した時間を満喫するのが良いです。

少なくともその時間は、不安感や孤独感よりスイミングやヨガ、アートの楽しさの方が心と頭の多くを占めると思います。

 

あと、例えば支援センターは苦手だけどベビースイミングになら行きやすい、という方もいるんですよ。

支援センターだと他の人との交流も利用目的の一つになるんですよね。

一方スイミングであれば、そのスイミングが利用目的なので、ママ同士の付き合いが苦手でも過ごしやすさがあるようです。

 

要は、支援センターにしてもスイミングやヨガにしても、自分に合ったところかどうかがポイントなんです。

例えば同じヨガでも、○○ヨガは少人数で利用しやすいけど、△△ヨガは合わないなぁ、ということもあるかもしれません。

自分に合わないところに行って、更に孤独感が強くなってしまっては意味がないですからね。

のんびり自分に合ったところを見つけられると良いと思います。

 

ちなみに私は、親子2人の時は公園やキッズスペースにひたすら通っていました(笑)

できるだけお金をかけず、苦手な人付き合いを避けて、親子の楽しみを求めていった系です。

 

人それぞれですから、自分にあった所、あった方法で孤独感や不安感に対処してくださいね。

 

保健所・保健センターの育児・栄養相談を利用

具体的な心配事をつぶして、不安に対処する作戦ですね。

抱えている育児の悩みを共有し、考えてもらえるので、それだけで孤独は和らぎます。

そして、心配事に対する良い答えがもらえるかもしれないので、不安の種をつぶしていくことができますよ。

ショッピングモールでも育児・栄養相談の場がありますが、保健所もぜひ活用していくと良いと思います。

 

働く&保育園に預ける

もし働けて保育園に預けられるようであれば、そうするのも一つの手ですね。

働くことで社会とつながっている感覚になりますし、保育園に預けることで自分以外の人にも育児してもらえるので、精神的に楽になりますよ。

家庭での育児で心配なことがあれば、保育園の先生に相談してみるのも良いと思います。

ただし、「子育ての不安や孤独」という面で精神的には楽になっても、仕事と家事育児の両立で精神的・肉体的にキツくなる場合もあります。

時短のパートならまだ肉体的な消耗を抑えられますけどね(仕事内容によりますけどね)。

なので、良し悪しですね…

 

ツイッターを始める

私は割と最近ツイッターを始めたのですが、色んな人がいるなぁ、としみじみ思います。

それこそ自分と同じような育児中の主婦も山ほどいますよ。

同じように不安や孤独を抱えている人もいますし、それに対する良い考え方を持っている人もいます。

逆に、同じ主婦でも果てしなく状況が違う人もいるので、世界が広がりますよ。

同じ主婦でも色んな生き方、考え方を持っている人が沢山いるので、何かヒントになるかもしれません。

時間のある時にのぞいてみると良いですよ。

 

最後に

不安や孤独への対処法は沢山あります。

友達がいなくても対処はできますし、毎日を過ごしていけますよ。

自分自身の求める事と、今ある環境から、自分に合った方法を選んでみてくださいね。

 

関連記事:1歳の子は児童館に行くべき?行きたくない苦手なママの過ごし方をご説明します

関連記事:子育て支援センターの利用頻度は?先生が苦手、浮く、疲れても行く人はいるの?

関連記事:公園にいるママ友グループが怖い…公園デビューの今の現状と楽しく遊ぶ方法とは?

関連記事:子育て(育児)でイライラ・腹立つ原因は?役立たずと感じる夫と協力するコツ!

スポンサーリンク