子育て支援センターの利用頻度は?先生が苦手、浮く、疲れても行く人はいるの?

子育て支援センターに行ってみたけれど、先生が苦手だったり、グループ化するママさんがいる中で浮く、疲れる…そんな風に思いながらも行った方が良いのだろうか?行く人はいるのだろうか?などと悩んではいませんか。

今回はそんなお悩みを持つあなたに向けた情報をお伝えしていこうと思います。

 

私自身も子どもが0歳1歳の頃に何度か子育て支援センターに行ったことがあるのですが、すごく苦手でした。

先生との相性もありますし、独特のママ集団の中に溶け込めない自分がいて。。

 

そこで、ネットで色々検索して考えて「行かない」という選択肢をとることにしました。

無理していかないことで、気持ちが楽になりましたし、逆に支援センターに行けるくらいの心を持てるようにもなりましたよ。

以下ではその詳細をお伝えしていきますので、よければ参考にしてみてください。

 

支援センターにこだわらず、楽に楽しく育児をしましょう!

 

スポンサーリンク

子育て支援センターの先生が苦手、浮く、疲れる…そう感じるのは自分だけではない

子育て支援センターというと、未就学児の子どもとママを対象にしたところですよね。

子どもと遊んだり、ママ同士の交流の場になったり。

子ども同士が刺激しあって成長できる場にもなりえます。

その他にも、育児相談だったり、親子で参加するプログラム活動などもありますよね。

 

子どものことを考えると行った方が良いかなとか、行ってみたいな、と思う反面、そこで生まれる人間関係のことを考えると踏みとどまってしまいますよね。

先生にしてもママ同士にしても色々ですからね。

 

 先生が苦手

先生ならば、優しく声かけてくれる場合が多いですが、先生も人間ですから支援センターに慣れているママさんの方が話しやすいことは話しやすいと思うんです。

ただ、その感じが少々露骨だったり、露骨とまでは言わなくても、先生のそういう感じというのは慣れない人には敏感に感じとれてしまうものです。

色々優しく育児を教えてくれる先生にしても、アドバイスが過ぎて、逆に傷ついたり腹が立ってしまう事だってあります。

 

ママ同士の関係

ママ同士の関係についても色々ありますよね。

まず、「ママ」というイメージ。

人それぞれではありますが、女社会をイメージする方も少なくないのではないでしょうか。

女性グループの独特の雰囲気だったり、会話だったり。

そういう空気に馴染めないと孤立しているような気分になることもあるんですよね。

そうなるともう辛いです。

 

もし、支援センターにいるママたちに慣れたとしても、相手のママが求めるものと自分が求めるものに違いがある場合もあります。

例えば、自分としてはその場限りで少し話せればいいだけなのに、相手のママは沢山おしゃべりしたいとか、仲良くなりたい場合とか。

流れでママグループの付き合いが生まれたとしても、本音と建て前のオンパレードで疲弊してしまったり…

自分に合った人がいるならいいのですが、いろんな人がいるのでそこを考えると行きたくないなぁ、と思う方は多いです。

 

子ども同士のトラブル介入に疲れる

あとは、1歳なのでお友達が持っているものをとってしまうことがありますよね。

そして逆にとられてしまうこともあります。

そんな時に子どもは「貸して」「どうぞ」などのやり取りを身につけていけるので良いのですが、一方で相手のママさんにも気を遣うので、それがめんどくさくなってしまう場合もあるんですよね。

お互い様、と割り切れればいいのですけど、子どももママもそれぞれですからね。

 

たとえば、うちの子が1歳の頃、お友達が持っているものをすぐに取ってしまい、それが他の子よりもちょっと多かったんですね。

その”お友達のものをとる”という行為はお友達に興味がある証拠なんだそうですが、まだ上手にかかわることができないんですよね。

なので、ものを取る度に相手の子やママに謝って、「貸して」を教えていたのですが、私としては少々疲れてしまった、なんてことがありました。

 

支援センターが苦手なのは自分だけではない

色々書きましたが、上記のように支援センターに対して苦手意識をもっているママは結構います。

それこそネット検索すれば、山ほど出てきますからね。

「支援センター 苦手」とか色々検索してみてください。

沢山出てきますよ(^^;)

自分だけではないです。

 




 

スポンサーリンク

子育て支援センターの利用頻度は?

利用頻度なのですが、新しくまとまったデータが見つからず。。

 

ただ、統計ではないですが、知恵袋などには沢山ママの声が載っていますね。

ざっと見てみたのですが、やはり利用頻度はそれぞれですよ。

  • 年に数回しか行かない、という方
  • 逆に毎日行く方
  • 週に1~3回という方
  • 月に数回の絵本読み聞かせやイベントがあるときにだけ行く方
  • 全く行かないという方

 

これらは、住んでいる環境とか、ママの考え方次第によるんだな、という印象です。

  • 支援センターに行きたいけれど、立地上遠くてあまり行けない
  • インフルエンザなどの感染が嫌で行かない
  • ママが人付き合いが苦手で、「遊びに行く」ということを目的に月に数回だけ行く

など。

 

いろんな方がいますが、少なくとも支援センターでの人付き合いを求めていこうとする方は多くないようです

 

利用頻度の情報源

*1歳児限定でなく古い情報もありますが、↓などに他のママはどの程度利用しているのかが載っているので見てみてくださいね。

その他にも「支援センター 利用頻度」などと検索すれば、沢山ママの声はでてきますよ◎




 

子育て支援センターの先生が苦手、浮く、疲れる…そう感じる人はどうしてる?

我慢して子育て支援センターに行く人はいる

子どもが喜ぶから、ということで我慢して行っている方もいます。

多くは↓のような感じで行っているようですよ。

  • ”子どものため”と割り切って行く
  • ママ友を作ろうと考えるのではなく、”遊びに行く”という気持ちで行く

頻度はそれぞれですね。

年に数回という人もいれば、週に数回という人もいます。

 

支援センターにこだわらずとも色んな過ごし方がある

支援センターに行かない場合は↓などで過ごしていますよ。

(ネットや知人からの情報です)

  • ショッピングモールのキッズスペース
  • ショッピングモールの有料屋内遊び場
  • 公園
  • 児童館(18歳までの子が対象の子どもの遊び場)
  • 子育てサロン
  • ベビースイミング
  • ベビーヨガ
  • 自宅
  • 祖父母宅(近ければ)
  • 友人宅
  • 図書館(絵本を読んだり、借りに行く)
  • 親子で参加できるイベント
  • 温泉(おむつがとれていないと入れないところもあります)

などなど

上記のように支援センターにこだわらなくても色々あるので、支援センターが嫌なら無理することないですよ。

 

ちなみに温泉ですが、埼玉なら「かすかべ湯元温泉」などがありますよ。

この温泉は健康ランドみたいな雰囲気なので、比較的行きやすいと思います。

あとは、飯能の「名栗温泉」もおすすめなのですが、ここに行くなら家族で行くのが良いです。

気軽に行ける温泉というより、もはや旅行です。

その分、良い旅館ですよ。

 

その他、有料の屋内遊び場ならば、

などありますよ。

 

*自宅で遊ぶなら下記の記事もどうぞ!

1歳の子との自宅遊びとは?雨の日の過ごし方(遊び)をご紹介します

1歳の子へのおもちゃを手作り&簡単に!ティッシュ箱を使うアイデアをご紹介

 

私は「公園&キッズスペース&有料屋内遊び場」派でした

余談になってしまいますが、私は公園やキッズスペースで過ごすことが多かったです。

 

実家は遠いので行けず、友達もいないし(゜△゜;)

ベビーヨガとかは興味があったのですが、節約中のため行かず。

お金があっても私は緊張していけないかもなぁ。。

 

図書館は行ったのですが、本を破りそうになるので長居はできず。

親子参加のイベントは、私一人では勇気がなかったので、旦那を連れてたまに行っていました。

児童館や子育てサロンは支援センター同様苦手なのであまり行きませんでしたね。

 

それでも、公園やキッズスペースなら、行きやすい距離にありましたし、人付き合いが苦手な私でも比較的過ごしやすい環境でした。

(公園の場合、小さい公園だとママ友グループがいて居心地悪いことがあったので、ママグループがいない時間を狙っていったり、大きい公園に行っていました。)

 

それでも、行き始めた当初は他の子供やママに緊張して、旦那を連れて行ってどうにかやり過ごすような状況だったんですけどね。

(開放的なので支援センターより大分マシでしたけども)

 

その後、徐々に子どもと2人だけで行くようにもなって。

最初は、勝手に”気まずい”とか思って、他のママと無理に話そうとしていたこともあったのですが、それは疲れるのでやめました。

相手のママも疲れたと思います;;

 

それからは「遊びに行く」と割り切って、子どもと遊ぶことだけに終始するようにしていきました。

そうすることで、公園やキッズスペースでの変な緊張はなくなり、自然に過ごせるようになっていったんですよね。

自然に過ごしていると、不思議と他のママとも言葉を交わすこともあったりして。

 

周りを変に意識しないで、ただ遊んでいればなんてことはありませんでした(´∀`;)

本当、最初からそうすればよかったなぁと思います。

(ただ、子どもが他の子のおもちゃなどをとってしまうことには疲れましたけどね…汗)




最後に

支援センターに無理に行かなくても遊ぶ場所は沢山あるので、ママが過ごしやすいところで子どもと遊ぶと良いと思います。

どこかで過ごす際には、周囲を変に意識しないで「遊ぶ」ことだけを考えていくと良いです。

自然に楽しく過ごせれば、周囲にいる人とも自然なやりとりが生まれる場合もあります。

それに慣れれば、意外と支援センターでも人間関係を気にせず過ごせるかもしれませんよ。

 

関連記事:1歳の子は児童館に行くべき?行きたくない苦手なママの過ごし方をご説明します

関連記事:公園にいるママ友グループが怖い…公園デビューの今の現状と楽しく遊ぶ方法とは?

関連記事:育児中は孤独で不安…友達いない主婦の解消&幸せを感じる方法とは?

スポンサーリンク