メッツァビレッジオープン!混雑状況やおすすめスポット&雑貨、予算をお教えします!

11月9日にメッツァビレッジ(埼玉)がオープンしました!

オープン日に早速行って参りましたので詳しくレポートしますね。

混雑状況やおすすめスポットや雑貨、お値段も併せてお教えしていきます。

行く際には参考にしてみてください。

それでは以下へ!

 

関連記事:メッツァ(埼玉)のメッツァビレッジ&ムーミンバレーパークとは?入場料や駐車場情報も!

関連記事:メッツァ(ムーミン)の駐車場は高い?駐車料金や駐車場予約方法、近辺の格安駐車場、アクセス方法まとめ

関連記事:メッツァに宿泊施設はない?近辺のおすすめ日帰り温泉&宿泊施設もご紹介

 

スポンサーリンク

メッツァビレッジオープン!ビレッジ内の様子は?混雑状況は?

メッツァビレッジの混雑状況は?

私が行ったのはオープン初日ですが、あいにくの雨ですし、金曜日なので平日です。

なので、人は結構来ていましたが、酷い混雑というわけではありませんでしたね。

私が到着したのはお昼頃だったのですが、駐車場は満車になっておらず、駐車スペースに余裕がありました。

 

飲食店ですがランチ時間はどこもいっぱいでしたね。

トマト専門のパスタ屋さんやラーメン、ハンバーグ、北欧の広いカフェ等ありましたが、すべて列ができていました。

ただ、お店によってテイクアウトができるので、場所を変えて食べることができますよ。

 

あとは、オシャレな屋外レストランのエリアがあって、雨なのでそこは空いていましたね。

 

メッツァビレッジの雰囲気は?眺めは?

中々素敵でした。

駐車場近辺からすでにオシャレな音楽が流れていて、ちょっとテンションが上がります。

そして、大きな木々の間にある通り(エントランスロード)を進むとメッツァビレッジが見えてきます。

まず一番に見えるのがマーケット棟でそこを過ぎると宮沢湖が見えてきます。

建物・エリアは以下の通り。

  • マーケット棟
  • レストラン棟
  • 屋外レストラン
  • イベント広場
  • イベント・催事スペース
  • ワークショップスペース
  • カヌー工房
  • ボート乗り場の受付&ボート乗り場
  • インフォメーション

その他にもカフェ&雑貨(ピーアパートメント)の建物もあったのですが、そこはまだオープンしてませんでしたね。

残念!

宮沢湖は私は初めて見たのですが、大きすぎず小さすぎずの湖です。

奥の方にはムーミンバレーパーク(建設途中)や森が見えて、良い眺め。

雨が降ってなかったらもっと良かったのになぁ。

 

そして、湖の周囲に建物やエリアが並んでおり、それぞれの建物が木を基調とした建物でオシャレですね。

建物と湖が良い感じにマッチしていますよ。

 

あとは、メッツァビレッジはペット同伴可なので、ワンちゃんを連れてきている方を結構見かけましたよ。

 

マーケット棟で買い物

まず、マーケット棟ですが北欧と埼玉の雑貨や飲食物が沢山あります。

棟は2階まであり、目を引くものが沢山あって、そこだけで結構楽しめます。

北欧の雑貨は馴染みがないので新鮮ですし、デザインが可愛いものが多く、あれもこれも欲しくなってしまいました。

 

そして埼玉のものも、結構いいものが揃っています。

雑貨も食べ物もあるのですが、特に食べ物の品数が多いですね。

スイーツやおかず系、レトルトなどがあり、気になるものが多数ありました。

 

あとは、武蔵利休という抹茶スイーツのお店やサイボクハムのお店もありまして、美味しそうです。

上の写真は武蔵利休の抹茶ソフトクリーム。甘すぎず美味しかった!

 

サイボクハムではソーセージや豚テキなどを購入できるのですが、いいにおいにつられますね。

実際、昼の時間は結構並んでいましたよ。

 

それから、biokia(ビオキア)というフィンランドのベリーのお店のスムージーがありましたね。

スムージーそのものがおしゃれだし何より美味しそう。

購入している方はやはり女性が多かったですね。

 

レストラン棟でお食事

2階まであり、棟内のレストランは全部で7つ。

1階は…

  • カフェ(ロバーツコーヒー)
  • スイーツ・ソフトクリーム(ONE MORE BITE)
  • パスタ&オムライス(農家が作るtomateria GOTO)
  • らーめん(AFURI)
  • ハンバーグ屋さん(ハンバーグの時間)

2階は…

  • スモーブローレストラン(LAGOM)

→広いカフェというかファストフード店というか…シナモンロールやハムや野菜がたっぷり乗ったパン等が食べられます。

のんびり食事したり、読書ができるようなお店です。

ただ、昼の時間は人でいっぱいなのでゆっくりできないかな。

お昼を避ければ、ゆったりした時間を過ごせそうです。

 

屋外レストランエリアでのんびり過ごす

オシャレな出店のようなお店がいくつかありました。

私はシナモンロールを試食させてもらったのですが、グッドです。

美味しかった。

 

ここのエリアには、宮沢湖を眺められるように椅子がいくつもあります。

その他、テントのような所もあり、その中には椅子やテーブルがいくつか設置されていました。

今回のようにお天気のイマイチの日や日差しが気になる場合は、テント内で過ごすと良いかと思います。

 

あと、ここのエリアは屋外なので、暖房器具がいくつか設置してありました。

寒い日はこれで暖をとれますよ。

 

イベント広場で良いものに出会える

今回は、木製のやガラスなど手工芸品のお店がいくつもありました。

フリマみたいな雰囲気かな。

覗いてみると面白いですよ。

 

イベント・催事スペースで楽しむ

今回はクリスマスグッズなどを購入できるようなスペースになっていました。

私が行ったときに丁度サンタさんが来ていたんですよ!

ちゃんとサンタさんぽかったですね。

写真撮影を希望する方が結構並んでいましたよ。

 

ワークショップスペースで体験

今回は児童向けの北欧の映画(オンネリとアンネリ)が上映されていましたね。

入口の方には、その他のワークショップの説明が書かれているカードが沢山用意されていました。

ネットでも確認できるのですが、種類は豊富で面白そうですね。

 

オブオブという不思議なパズルや「生活の木」が開催するクリスマスドアリースやアロマスプレー作り、ドライフラワーボトル作り、絵付け体験などなど。

子どもから大人まで楽しめるようなワークショップですし、結構オシャレなものが作れそうですよ。

ただし、参加するには料金がかかりますけどね。

 

カヌー工房では雑貨の購入やワークショップも

まず、木でできた大きなチェーンや、立派なカヌーが目に入ります。

そして、木製の可愛いコップなど雑貨商品が置かれていて素敵です。

ここでもワークショップをやっていますよ(有料)。

 

ボート乗り場

受付で料金を払って、乗ることができます。

ボートは名栗湖の方で作ったものなんだそうですよ。

ちなみにボートの料金は…確か大人は1000円だったと思います。

今回はあいにくの天気でしたから利用客が少なかったですが、天気のいい日に乗ると気持ち良さそう。

 

スポンサーリンク

インフォメーションの建物には授乳室もある

メッツァビレッジの入り口付近(マーケット棟の近く)にあります。

何か困ったことや分からないことはこちらで聞けますし、こちらには授乳室があるので、赤ちゃん連れも安心ですね。




メッツァビレッジオープン!おすすめの雑貨&グルメは?おすすめスポットも!

おすすめ雑貨やグルメ、スポットですね。

一つ一つが新鮮で面白かったのですが、その中でいくつかご紹介します。

 

マーケット棟内の北欧雑貨など

  • カレリアンソープストーン

フィンランドの天然の石で、マッサージやアイケアなどができます。

この石を冷やしたり温めたりして使うのですが、石なので温冷が長時間持続します。

あと見た目が可愛いのも良いですね。

すごく欲しくなります。

 

  • biokia(ビオキア)

フィンランドのベリー系のお店ですね。

スムージーのお店もありましたが、その他にもお茶の商品が売られていました。

ここのお茶は種類が豊富で包み(容器)も可愛いですよ。

 

中には、パックの中にお茶の葉が入っていて、そのパックに直接お湯を入れられるものもありましたね。

これで2~3回飲めるそうですよ。

楽だし面白い。

これは自分用に買うのも良いですが、お土産に買っても喜ばれそうで良いなと思います。

 

  • KLINTA

これがまた変わっているというか新しい出会いで、日本にはあまり馴染みのないマッサージキャンドルのお店(スウェーデン)なんです。

キャンドルのロウをマッサージオイルとして使うんだそうですよ。

石油系のワックスを使っていないので子供から使えるそうです。

 

商品は大容量タイプから、持ち運び便利なハンドクリームタイプもあり、香りも色々ありました。

あと、アロマキャンドル状になっているものもありましたね。

これは、そのまま火をともして香りを楽しみ、ロウがオイル状になったら肌に塗るんです。

リラックスタイムに良さそうです。

 

  • その他

北欧の可愛い絵やニット帽、バッグ、食器などなど。

どれをとっても目新しく、かわいい!!

サンタのお人形も多数揃っていて、これもまた可愛い。

似たようなものが100均かどこかに売っていたと思うのですが、やはり本場のものは違いますね。

 

あとは子供用の食器だとか、北欧の固形の絵具もありました。

この絵具は実際に北欧の子どもの学校で使用しているそうですよ。

 

あとはチョコレートをよく見かけましたね。

300円くらいの小さめのチョコから、ちょっとお高めの700円くらいの板チョコも。

今回は買わなかったのですが、お味は気になるところで…買えばよかった。

 

マーケット棟の埼玉のグルメ等

北欧のものほどは多くないですが、それでも気になるものが色々ありましたね。

中でも、とりわけお野菜が美味しそうでした。

というかオシャレに置かれていて、日本じゃないみたいでしたね。

 

他にも色々あるのですが、例えば…

  • 秩父プリン
  • 深谷ねぎを使ったおかず
  • 北本カレー

などなど。

 

秩父プリンはフルーツ味のものが多かったですね。

おいしそうなだけでなく、見た目がオシャレなプリンです。

 

あと、品物名を忘れてしまったのですが、深谷ネギをつかったごはんのおともが純粋に美味しそうでした。

味がキムチと昆布が入ったものとがあって、「これは絶対美味しいだろう」と思えるものです。

 

あとは北本カレー(レトルト)ですね。

私、初めて知ったのですが、地方のカレーグランプリで2度も優賞したことのあるカレーなんですね。

カレーはカレーでもトマトカレーです。

うー食べてみたい。

これもお土産に買っていったら喜ばれそうですね。

トマト嫌いでなければ。

 

その他には飯能焼という歴史ある陶器もありましたね。

青の色がすごくキレイでしたよ。

 

イベント・催事スペースの雑貨

クリスマス系の雑貨が多かったのですが、それ以外にも色々あり。

  • Glimmis(グリミス)

スウェーデンの交通安全グッズなのですが、反射板が使われていて、車のヘッドライトが当たると光るんです。

なので、暗い時間に帰宅するときに身につけておくと安心ですね。

デザインも多数あり、かわいいです。

うちは旦那が買っていました。

お値段は確か、600円くらいだったと思います。

 

  • 子供用のお皿

メラミンという素材でできた子供用の器がありました。

動物の絵柄が大きく入っていて可愛いんですよね。

ごはんをあまり食べない我が家の子に買ってあげようと思ったのですが、動物の種類が多数あって中々決められず。

そして色々悩んだ末、シロクマを買うことにしました。

1500円もするのですが、器がかわればごはん食べるかな、とちょっと期待しています。

 

  • 靴下

これがすごく良いです。

デザインも北欧風でかわいいですし、なにより分厚くて温かいです。

冷え性の女性にはおすすめですね。

 

日本製の靴下とフィンランド製の靴下があり、日本製の方は2000円くらい。

フィンランド製は3000円くらい。

フィンランド製は靴下の中がふわふわして肌触りが良く、温かいんですよ。

ムーミンのデザインのものもあり可愛いですよ。

 

  • クリスマス雑貨

結構凝った作りの雑貨から、お人形や簡素でありながらもおしゃれな雑貨もあり。

大きめのリースもありましたね。

これからのシーズンには良いです。

 

カヌー工房の雑貨

木で作った雑貨品です。

桧で作ったマグカップがすごくかわいいです。

取っ手が動物になっていて、テンション上がります。

 

あと、面白いものも発見しました。

その名もバードコール

見た目はコルクを抜くやつみたいですし、お世辞にもオシャレとは言い切れません。

が、面白いんです。

 

写真を見ていただくと分かると思うのですが、シルバーの部分がありますよね。

これをくるくる回すと鳥の鳴き声のような音がするんですよ。

 

そして、回し方によって音がかわるので、またそれが面白くて。

何より、このバードコールで音を鳴らすと鳥が寄ってくるんだそうですよ。

凄いですよね。

 

ということで、私は購入しちゃいました。

500円です。

自然豊かなところに行ったときに鳴らしてみようかなと楽しみにしています。

 

おすすめスポットはここだ!

おすすめスポットは全部なのですが、その中でも「目立たないけれど、これは良いな…!」と思ったところをちょっとお伝えしますね。

 

  • レストラン棟2階のLAGOM(北欧の広いカフェのようなところ)

ここはただゆったりと食事するだけでなく読書もできるんですよね。

その読書なんですが、何とこちらにはアマゾンのキンドルが用意されているんですよ!

よく、カフェやラーメン屋に雑誌や漫画が置かれているところがあると思うのですが、その感覚でキンドルが置かれていました。

そこには「店内でご自由にkindle(キンドル)読書体験をお楽しみください」の文字が。

これは新しく面白いですよね。

好きな本を読んでゆったりできます。

 

  • イベント広場

ここにはエコチェアが設置されていて、座って宮沢湖を眺められるようになっています。

なんですが、この椅子が良いんですよ。角度が絶妙なんです。

ちょっと空を見上げるくらいの角度なのですが、これが心地よくて。

空を眺め、宮沢湖を眺め、鳥の声を聴き…ゆったりと自然を感じることができるんですよね。

ちょっとリラックスしたいとき、気分転換したいときにおすすめです。




メッツァビレッジオープン!雑貨や食事のお値段と予算は?

全体的にお値段は安い?高い?

気になるお値段ですが、全体的に少々高めです。

雑貨にしても食事にしてもです。

雑貨ならば、コップ一つでも3000円とか。靴下もそう、3000円とか。

マッサージクリームにしても3000円から4000円とか。

1万円以上の品もあります。

 

食事に関しては、例えば安いラーメンでも1000円はかかります。

パスタやハンバーグプレートは1500円くらいかかります。

 

とはいえ、手が伸ばせない程でもないですよ。

いくつも買ってしまってはお金が少なくなってしまいますが、自分が良いと思うものだけチョイスするなら手が伸ばせるものは結構あると思います。

普段なかなかお目にかかれないものばかりですから面白いものが多いですし、かわいいものも多いです。

折角ですから、お気に入りを探してみると良いですよ。

 

予算の目安は?

予算は、人によって違うので難しいところですが、例えば食事だけとるならば、1人1000円以上はあった方が良いですね。

雑貨やお土産なども購入するならもっと必要です。

何をチョイスするのか、お財布の余裕はどのくらいかによって違うとは思いますが…

それでも強いていうならば、1人3000円~4000円はあると良いかなと思います。

 

うちは夫と2人で行ったのですが、雑貨は子供用の皿、バードコール2つ、グリミスを購入しまして、大体3100円以上かかりました。

加えて、サイボクハムのウインナーや抹茶ソフトクリームも食べて、お昼はラーメン。

トータルすると、6500円くらい使ったかと思います。

 

結構、マグカップとか靴下とか、欲しとと思うものに限って一つ3000円くらいするんですよね。

なので、もしそういうものを1つ購入するなら、お昼代合わせるとやはり4000円は必要ですね。

 

バッグや衣類は1万円くらいするものを結構見かけたので、そういったものを購入するなら11000円以上は必要ですね。

 

もし、衣類も欲しい、小物も欲しい、美味しいものもいっぱい食べたい、ということであれば、2万円以上あると良いかと思います。

 

費用は気になりますが、折角行くんですから、あんまりケチっては面白くないですからね。

お財布と相談して、良いものを買うと良いです。




最後に

メッツァビレッジは自分にとって色んな発見や体験ができるところだと思うんですよね

良い雑貨、良い食事もそうですが、景色の良いところで自然を感じてリフレッシュしたり、自分の世界にひたったり。

ゆったり読書したり、ワークショップなどで普段体験できないことにチャレンジしたり。

物であっても物でなくても、何かを得られるところだと思うんです。

ですので、もし行くなら、ぜひ何かを得てこれると良いなと思います。

良い時間をお過ごしくださいね。

 

関連記事:メッツァ(埼玉)のメッツァビレッジ&ムーミンバレーパークとは?入場料や駐車場情報も!

関連記事:メッツァ(ムーミン)の駐車場は高い?駐車料金や駐車場予約方法、近辺の格安駐車場、アクセス方法まとめ

関連記事:メッツァに宿泊施設はない?近辺のおすすめ日帰り温泉&宿泊施設もご紹介

スポンサーリンク