ダイソーの踏み台(400円)が熱い!子どものトイレにも使える高さ!大人の男性も座れる!

今回はダイソーの踏み台(400円)をご紹介します。

400円するだけあって、子どものトイレや手洗いの時の踏み台に使えるくらいの高さがあるんです。

そして耐荷重量もそれなりにあるのでそこも魅力。

以下でその詳細をご説明しますね。

 

スポンサーリンク

ダイソーの踏み台(400円)が熱い!子どものトイレにも使える高さってどのくらい?

まず踏み台というか正式には折りたたみ椅子なのですが、2種類あります。

上の画像 価格 サイズ 耐荷重量
右の椅子 200円 幅23.5 奥行19 高さ18cm 約50kg
左の椅子 400円 幅28 奥行25 高さ21 約80kg

そして、私がオススメするのは400円の方!

画像でいうと左側の椅子ですね。

こちらは高さが21cmなんですよね。

子どものトイレの踏み台が21cmくらいからのものが多いので、丁度その高さにあっているんですよ。

 

↓ちなみに、こちらは赤ちゃん本舗の踏み台何ですが、こちらも高さが約21cmなんですよ。

お値段は760円なので、ダイソーの椅子より少し高めです。

安定感がありますからね。

 

ダイソーの方は本来折りたたみ椅子ですから、上り下りをするステップに使うよりは、子どもがトイレの便座に座った時の足置きにする方が良いかと思います。

この椅子の説明書にも踏み台に使用しないよう記述があります

なので、足置きにするぐらいに止めておいた方が安全かと思います

 

あと、子供によっては高さが21cmでも高さが少し足りない場合があるので、そんなときは高さ調節しましょう。

→高さ調節などはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ダイソーの踏み台(400円)が熱い!大人の男性も座れる耐荷重量!

上記の表を見ていただくと分かると思うのですが、200円の椅子は耐荷重量が約50kgなのに対し、400円の方は約80kg

なので、大人の男性でも座れそうです!

(ちなみに、うちの旦那は90kgなので座れません…)

 

ただ、「耐荷重は測定値であって保証値ではない」そうなんですね。

なので、あまり乱暴に使用しない方が安心です。

何度も思いっきりドカッと座ったり、それこそ踏み台に使うなどは避けた方が良さそうです。

 

とはいえ折りたたみができる椅子なのでアウトドアにはぴったりです。

キャンプやバーベキュー、釣り、あとは花火大会に行ったときに使用するのも良いですね。

色んな場で使えるので、あると便利です。

 

我が家では、子どものトイレの足置きにしたり、キッチンに置いてご飯作りに疲れた時の休憩用の椅子にしています。

あとは来年の花火大会にも持って行こうかと思っています。

素直に椅子として使うか、子供に焼きそばなどを食べさせる時のテーブル代わりにもできるかな?

などとぼんやり思っています。

 

結構便利なのでおすすめです。

ダイソーのお店によっては200円の椅子しか置いていないところもあるので、400円の椅子が欲しい場合は品数の多いダイソーに行った方が良いですよ!

スポンサーリンク