バレンタインに手紙は重い?20代の片思いの男性が嬉しいと思う内容とは

今回はバレンタインで20代の片思いの男性に贈る手紙についてお話したいと思います。

想いを伝えるために手紙を渡したいけれどどう思われるのか…とても不安になりますよね。

片思いなので、すでに知り合いか一目惚れか、色々状況はあると思います。

いずれにしても、どのような内容の手紙なら嬉しいと思ってもらえるのか(重いと思われてしまうのか)以下でお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

バレンタインで手紙を贈る!20代の片思いの彼に重いと思われる手紙と嬉しい手紙

大好きな男性だからこそ手紙で想いを伝えたいけれど、一方で「重い」と思われないかと少なからず不安になりますよね。

もし、すでに友人同士という関係ならば今までの関係も崩れてしまうんじゃないか、という不安もあると思います。

どんな状況にしても、告白するのはとても勇気のいることですよね。

 

しかし実際のところ、手紙そのもので「重い」と思われることは少ないと思います。

片思いであっても女性から好意をもってもらえて嬉しくない方は中々いないでしょう。

ですから手紙そのものを渡すことは良いと思います。

 

ただし。

手紙の内容によっては「嬉しい」と思われることもあれば「重いな」と思われることもあるんですよね。

以下では、実際にどんな内容が重いと思われるのか、逆にどんな内容であれば嬉しいと思ってもらえるのか、ご説明していきますね。

 

ポイントは相手の気持ちを考えること

両想いであっても同じことが言えるのですが、大切なのは「相手の気持ちを考えた上で、自分の想いを伝えることです。

 

ただ、この「気持ちを考える」というのが、恋をすると難しくなってしまうと思うんですよね。

相手を本当に思いやるというのは「見返りを求めないでいられること」だと私は思っています。

片思いである時ほど自分を好きになってもらいたくて、必死になって彼のために何かをしようとすることもあるかと思います。

 

しかし、こういう状況の時が要注意。

振り向かせようと必死になっている時こそ、相手の状況や気持ちが見えていない場合があるからです。

こうなってしまうと男性としては受け止めきれず「重い」と感じてしまうことがあるんですよね。

ですから、手紙を書くときにも、いい返事をかえしてもらおうと必死になって書かないで、自分の素直な想いを書くことが大切です。

 

その他にも、例えば付き合う前から将来のことまで考えてしまう女性もいるかもしれません。

20代ですから結婚を意識する頃ですからね。

 

しかし、まだお付き合いしていない段階ですから、よほどの確信がない限りは結婚の話は書かない方が良いですよね。

相手の方は困ってしまいますし、男性としては「結婚」というのは重みを感じるものです。

いきなり結婚の話をされては、引いていってしまう方が多いかと思います。

 

以上は例ですが、どんな場合でも相手の気持ちを考えつつ、自分の想いを伝えてみてください。

相手の男性は、好意をもってもらえたことが嬉しいと感じると思いますよ。




スポンサーリンク

手紙は長すぎないようにしよう

自分の想いは長すぎないように伝えると良いです。

相手への想いが強ければ強いほど、そして真面目な女性ほど相手への想いを伝える言葉が長くなってしまいがちですが、告白の段階ですから、彼とはそれなりの距離感があるはず。

その距離感のある彼に、長文の手紙を渡すとどうしても「重い」と感じられることがあるんですよね。

 

友人として仲が良い場合であっても同様です。

男性からしたら自分に向けた真剣な想いです。

それが手紙ではストレートに伝わります。

 

ですから、文章があまりにも長いと、重さを感じてしまうかもしれません。

もし、男性が前向きな気持ちであったとしても、重さを感じることで「(あなたの)想いに応えられるだろうか」と考えてしまう場合もあると思います。

 

伝えたい想いは沢山あるかもしれませんが、想いのこもった言葉を少し凝縮して伝えましょう。

目安としては手紙の枚数は1~2枚が無難でしょうから(大き目の手紙なら1枚)、それに収まるように書くと良いですね。

ただ、無理に収めると不自然になってしまう場合があると思うので、不自然にならない程度に凝縮してみてください。

 

手紙の最後の方にお付き合いのお願いをしてみよう

もし知り合って間もない男性であれば、友達からのお付き合いをお願いしてみましょう。

逆に、既に友人という関係なのであれば、付き合ってほしいと書いてみましょう。

 

返事については彼次第ですから、伝えるなら「返事をもらえると嬉しい」などとやわらかく伝えた方が良いかと思います。

念押しするような伝え方をすると、「ズンっ」と彼の心に重さを与えてしまいます。

 

そして、最後の一文は彼を思いやる気持ち(体調など)をさらっと書くと、手紙の締めくくりとして更に良いかと思います。

読む側の彼としても気持ちよく読み終えることができるのではないでしょうか。

 

便箋について

男性の好みによるので一概に言えませんが、シンプルながらもかわいらしさもあるものだと、印象よく見える場合が多いかなと思います。

ただあまりこだわらなくていいと思います。

一応参考まで。

 

私のお伝えしたいことはここでおしまいです。

想いが彼に届くといいですね。

 

スポンサーリンク